Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#2

前回訪問時と比べて収蔵品が増えているだけでなく、車両の内部やエンジンが見られるようになっていたり、同型車種が新旧で比較できるようするなど、見学者に優しい展示になっていました。

 トップの画像は連合軍(米英軍)の装甲車です。手前からハーフトラック、スカウトカー、スタッグハウンドの対空砲と偵察車。

グレイハウンド。37mm砲を搭載したM8ですね。

 水陸両用輸送車アムトラック。写真で見ると大きさを感じづらいですが、目の前に立つとすごく大きいです。HBOドラマ「The Pacific」で輸送艦から紺碧の海へと発進するシーンが印象的。WW2米軍の車両では、M3軽戦車、M5牽引車と並んで好きな車両のひとつ♪

 これ、珍しいんじゃないですかね。豪軍版ユニバーサルキャリアを改修して40mm対戦車砲を搭載したタイプ。 乗員にとっては戦車装甲車と対峙するのは御免でしょうが、歩兵にとっては砲で機関銃を破壊したりと心強かったでしょうね。 

 スチュアートM3軽戦車。右が初期型、左が改修型A1。新旧隣同士で比較ができるようになっています。

 初期型はたくさん30口径機関銃が付いています。前面に1丁、左右に2丁、砲の同軸に1丁、砲塔車外に1丁の計5丁。

 それに対して改修されたA1型は車台は同じで左右の機銃ポッドを埋めたり、物入れを増設しています。

 車体後部の違いもこのように比較できます。

 改修型A1はハッチを開けて車体内部が見られるようにしています。オイルが漏れているので自走できる車両のようです。

 こちらはグラントM3中戦車のコレクション。左2両が戦車、右はM3中戦車の車台をつかって兵員輸送車に改造されたカナダ軍のカングーです。

 以下はM3中戦車の車体内部の様子です。スマートフォンで撮影したので、画角が狭く見えづらいですが…クリックすると拡大写真が出るので資料として必要な方はぜひ。

 前回訪問時には収蔵されていなかったシャーマンM4中戦車もコレクションに加わっていました。

 次は火砲類をレポートします。

コメントを残す