M1919機関銃用の木箱を再現する。

WWII時代にミシガン州サギノーのGM工場で生産されたM1919A4が工場出荷された時の木箱を再現しました。

 ブローニングM1919機関銃用の木箱は海外でもDIYが盛んです。ネットで調べると、だいたい銃と三脚と弾薬箱が一緒に入ってキャスターが付いている。射場への持ち運びしやすい利便性を重視しているのでしょう。

 撃つ必要のない無可動。ここはやはりオリジナルに近い形で再現したい。ただ、戦地では基本的に機関銃の木箱は、保管収納する必要がある艦船を除けば軍用としては存在しません。唯一、工場出荷時のものがあるだけです。その木箱も戦地では薪や木工材料として解体使用されたでしょうから、現存するものはほとんどないようです。

 地上戦用として出荷された機関銃の木箱で確認できるのは2種類あります。縦置きで収納するタイプと横置きで収納するタイプ。縦置きタイプは戦中で、横置きタイプは戦後バージョンです。今回は縦置きタイプを製作しました。

 ステンシルはミシガン州サギノーにあったゼネラルモーターズの工場で生産されたM1919A4用の木箱を再現しています。「30 BMG」「M19A4」「MICH」など、文字が省略されているのは実物に倣った通りです。

 ところで、銃身に対して木箱が大き過ぎるのでは?と思った人は勘がいいです。この木箱は水冷式M1917機関銃と共用でした。第二次世界大戦後に水冷式が廃止されると、木箱はM1919にあわせて横置きタイプのスリムなものになりました。

 木箱にはかなりのクリアランスがあるため、このように二脚や属品も一緒に収納できます。

 今回製作した木箱は、無垢板の反りで隙間が目立つうえ、間仕切りも本来の溝継ぎを省略しています。出来は甘いですが…見た目の雰囲気は良いと思います。

マーキング再生は下記のブラザー社製のカッティングマシンを使っています。WWII時代のマーキングはステンシルではなくスタンプが多いので、スタンプを再現する際にカッティングマシンは重宝します。

30口径ダミーカートをWW2米軍仕様にする。

30-06ダミーカートをネックの焼きなまし処理とプライマーのシーリングで軍用仕様にします。

 いままで30口径弾のダミーカートづくりでは、フルメタルジャケット弾頭と薬莢を組み合わせていただけでした。しかし、軍用弾は薬莢のネック部分に焼きなましの処理があること、プライマーにはシーリング処理が施してあるので、それを再現することにしました。

 焼きなましは、 射撃時の薬莢破損が原因で排莢不良を起こすことを防ぐ目的で行われます。加熱と冷却によって金属にねばりを持たせてネック切れをしづらくさせます。バーナーをつかって火で真鍮の薬莢を炙ると、すーっとキレイな紫色に変わります。

 プライマーのシーリングは防湿目的です。WWII米軍では、赤や紫のシーリング剤が使われていたようです。ネック部分にもシーリングしているものもあるようです。今回はプライマー部分に接着剤を使わず塗料でシーリングの風合いを再現しました。軍用はもっとラフな塗り方です。プライマーにも色が付いているものもありますから、この仕上がりだとお上品すぎるかもしれません。

 最近はダミー爆薬をつくる過程で実物との重量の違いも気になるようになってきたので、ダミーカートでも同じようにすることにしました。実物のパウダーと同量の活性炭も薬莢に入れて弾頭をはめます。振るとシャカシャカと実包と同じような感じがします。実包との識別点はプライマーに撃痕がある点です(正確には不発弾という見方も出来ますが…)。

 弾頭の先端を黒く塗った徹甲弾仕様もつくりました。やはりネックに焼きなましがあると、より軍用実包に近づいた感じがします。これまで機関銃用につくった250発のダミーカートは作り直しになりますね…。

 ところで、このダミーカートには外観上まだ足りないものがあります。弾頭の脱落防止を目的としたクリンプです。薬莢のネックに位置する部分の弾頭についているギザギザの溝ですね。民生品でも軍用に似た溝ありのフルメタルジャケット弾頭があり、国内で比較的容易に購入できますが、いまはあえて溝なしの弾頭をつかっています。好みの問題ですが、その理由はまた別の機会に書きます。

こちらでご紹介した30口径弾ダミーカートはヤフオクにて出品中です。M1ガーランド用は8発クリップ、スプリングフィールドM1903ライフル用は5発クリップとセットです。徹甲弾仕様もあります。下記のリンクからご覧ください。
WW2米軍 M1ガーランド 30-06弾ダミーカート8発クリップ付き
WW2米軍 M1903ライフル 30-06弾 ダミーカート5発 クリップ付き


WW2 米軍 30-06 ダミーカート 徹甲弾 AP 5発セット


ヤフオク!マイオークション

M72 ロケットランチャーのレティクルを再生する

1960年代に米軍で採用された使い捨ての対戦車ロケット弾。放出品で破損・亡失していることが多いレティクル(照準板)を再生しました。

 M72ロケットランチャーを展開した様子です。グラスファイバーとアルミで出来た筒内に、66mm HEAT弾を1発収納しました。手元にあるのは比較的入手が容易なA2型(ベトナム戦争後の型式)。とはいえ、最近は状態のよいモノも少なくなってきました。

 ところで、フロントサイトの中身がありません。レティクル(照準線及び距離計)が印刷されている透明なプラスティック製のものです。ロケットランチャーの本体がそもそも使い捨てを目的にしていますから、もともとのつくりもラフなうえ、ロケット発射後の砲筒はぶん投げ捨てられるので、演習で使用済みの放出品として民間へ払い下げされた時点でパーツの欠品が少なくありません。

 レティクル板は、フロントサイトの枠にはめて、下部をポケット部に差し込み、2箇所のネジとバネで螺着、上部は接着剤で固定するようになっています。写真はポケット部に残っていたレティクル板の残骸です。ちょうど向かって左下の部分ですね。このように、残骸だけが残っている状態が多いようです。

 海外でも事情は同じらしく、レプリカも売られています。出来は非常に良いのですが…ここはやはり自作してみようと思います。

 図面はパソコンで比較的カンタンに作成できますし、アクリルの加工も最近は同人系のオリジナルキーホルダーの需要が多いらしく、手頃に利用できるからです。アクリルをつかったキーホルダーでは、一般的に3ミリ厚の透明板が利用されるようです。ちょうどレティクル板も3ミリ厚なのでちょうど良いですね。

 左が手元にあるM72A2 LAWのフロントサイトに残っていた残骸、右がその残骸を元に画像上で再現したものです。フロントサイトのサイズと、ポケット部に残った残骸を元に、レティクル板の大きさを決めます。カットラインと板面に印刷するレティクルの表示内容を、デザイン編集用のソフトウェア(Adobe Illustrator)をつかって図面に起こしていきます。

 こちらがデータで起こしたものです。アクリルの場合、片面印刷は裏側からなので、レティクル板の表示は左右反転させています。業者への発注に三次元のCADのデータは不要で、アクリル材から切り出すカットラインとレティクル板に表示される印刷内容を示す平面図のみで対応可能となっています。ようは設計図というよりも、印刷用のDTPデータを入稿する形ですね。データ形式もベクトルデータが一般的ですが、ビッドマップでも入稿可能な業者さんもいるので、極端なことを言えば、パソコンに付属のお絵かきソフトでも出来ないことはありません。

 発注段階で厄介な課題が出てきました。現在、一般的に行われているアクリルへの印刷とカッティング方法だと図面通りの製作が難しいとのこと。具体的には、レティクルの十字部分が両端に近接していますが、基本的にフチなしの印刷はできず、カットラインからおよそ2ミリの余白をとる必要があります。数社さんに打診したところ断られてしまい、カットは自分で行うこととして、余白を付けたママで納品してもらうことにしました。

 業者から納品された状態の写真がなく、いきなり完成写真ですが…こちらが再生した自作レティクルを取り付けた様子です。余白ありの印刷済みアクリル板をアクリルカッターで切断し、切断面はヤスリがけで処理しました。不器用なもので切断に失敗し、6枚分を納品してもらったのに生き残ったのは2枚だけ。1枚はヤフオクに出品したM72A2に付けたので、手元に残るのは装着済みのこの1枚だけになります。おそらくレプリカと言われなければ、そうとは分からない出来だと思います。