免許あります。ペーパーです。

経験も資格もないのに、爆薬の講釈をするのは恥ずかしいので、一般市民でも得やすい資格をとりました。昨年のことです。

 甲種火薬類取扱保安責任者という資格です。神戸にいたときに取得したので、免状は兵庫県知事名です。月1トン以上の爆薬や火薬を消費(発破)できます。爆薬や火薬の種類は問いません。扱えないのは銃刀法に規定する銃用雷管ぐらいでしょうか。

 免許は終身ですが、実務に就くには、免許とは別に保安手帳というものの交付を受けたうえで、定期講習の受講が義務づけられています。実際に爆薬を扱うわけですから、事故を防止するためにも定期的なフォローアップが必要だからです。

 フォローアップのための講習は、保安教育講習というものです。新規に免許を取得したときに手帳の交付を受けた場合は、この保安教育講習を受けたものと見なされます。自分は実務に就く予定はないですが、せっかくの機会ですから手帳の交付を受けました。なので、資格としては、いつでも発破ができます。

 ただ、実際に発破するには、かなりの手順を踏まないとできません。発破を予定する土地の地元消防と相談して、行政(都道府県)から消費と譲渡の許可が下りてから爆薬を購入し、保管や輸送、現地で安全基準にもとづく処置などをおこなう必要があります。

 消費と譲渡の許可は、採掘や工事などの理由であれば下りやすいと思います。昔は開墾で木の根をダイナマイトで爆破して抜根していたらしいですが、いまはほとんどないでしょう。劇用などでは入念な調整が必要だと思います。実績や経営体制も審査の対象になるはずです。許可条件以外での消費はもちろん違法です。

 保安教育講習は2年度の更新制です。自分は昨年度に免許を取得したので、来年末が更新期限です。失効させないためには来年度中に講習を受講しなくてはいけません。受講にはそれなりの金額もかかるので、実務に就く予定がない人には、あまり意味がありません。

 ミリタリーの視点からすると、本職以外で免許を取得する意味はありませんが、爆薬(火薬)に関する正しい知識が得られること、それを資格という形で示すことができるので、関心がある人にはお勧めです。受験資格はありません。免許取得だけで手帳の交付を受けなければ、受験料と合格後に免状を申請する費用以外に継続した費用負担もありません。

 試験は毎年1回、秋頃に開催されます(2020年は新型コロナウィルスの影響で年末に変更されたようです)。試験内容は、法令と一般火薬学から出題されます。それぞれ20問です。正解を選ぶマークシート方式で、合格ラインは6割正解です。合格率は毎年受験者の2割弱のようですが、過去問から多く出題されるので、ある程度、時間をかけて対策をすれば、誰でも合格できます。

 受験対策のテキストは複数ありますが、業界で評判が良いとされているのは、“香川本”と呼ばれる過去問集とCD付きのテキストのようです。香川県砕石事業協同組合が発行しているものです。自分もこのテキストで受験対策をしました。いまもたまに見返したりしています。

 なお、小規模でも爆薬や火薬の製造(素材からの製造だけでなく、既製品の改造も含む)に該当する場合は、火薬類製造保安責任者(甲・乙・丙いずれか)の資格を取得している必要があります。

 火薬類製造保安責任者の資格のうち、甲・乙は、すべての爆薬と火薬の製造にかかわることができます。丙は、主として花火の製造にかかわることのできる資格です。甲・乙を取得した場合には、甲・乙それぞれに該当する取扱保安責任者の資格が無試験で申請により得られます。

 甲・乙の火薬類製造保安責任者試験は、取扱保安責任者試験にある法令と一般火薬学にくわえて、製造方法や試験方法、工場管理、電気・機械工学などの項目が追加されています。原料を含む知識が問われますから、より見識を深めたい方は、製造保安責任者試験の受験を検討されてもよいかと思います。詳しくは、公益社団法人全国火薬類保安協会のホームページか、お住まいの各都道府県火薬類保安協会の案内をご覧ください。

爆薬の起爆に必要な雷管と伝爆薬

爆薬は火をつけても爆発せずに燃えるだけだとわかっていても、焚き火にくべる度胸はありません。

 トップの画像は先日のビクトリーショーでおこなった破壊器材の展示で、より身近に感じてもらえるように製作した2つの例示物のうちのもうひとつです。ミリタリーダイナマイト(コンポジション爆薬)を3本結束したものに、ダミーの非電気式雷管を挿入しています。

 「爆弾」や「ダイナマイト」といえば、導火線が飛び出していて、そこに火をつけると爆発するイメージだと思います。もちろん間違いではないのですが、そのイメージがゆえに仕組みがかえってわかりにくくなっているかもしれません。導火線の先には必ず雷管がついていますが、その雷管はダイナマイトなどの爆薬の中に挿し込まれて外側からはみえません。

 雷管は、火薬を詰めた金属製の棒状のものです。この模型でいうと、黒いコードの先についた銅管が雷管です。この雷管を爆薬に挿し込みます。

 Vショーで展示したパネルです。中央のイラストは、ダイナマイトとTNT、コンポジションのそれぞれの爆薬に雷管が挿入されていることを示したものです。このように爆薬を爆発させるには必ず雷管が必要です。

 火で起爆する方式のものを非電気式雷管、通電して起爆する方式のものを電気式雷管と呼びます。ほかに地雷などの待機型の信管でガラス製のアンプルが割れたときに薬液が漏れ出し、化学変化によって発火して起爆するものもあります。それぞれ起爆にいたる着火方法は違いますが、雷管の役割は同じです。雷管の起爆は、爆薬を爆発させるための「爆轟」(ばくごう)を引き起こします。

 パネルの説明にもあるとおり、ノーベルがニトログリセリンをもとにダイナマイトを開発して以降、爆薬は不意に爆発して惨事を起こさないよう、爆薬本体は低感度で安定性をもつようにし、任意に起爆ができる雷管による爆轟ではじめて爆発する方式で発展してきました。

 起爆の仕組みを非電気式起爆を再現した模型で説明します。この構成はパネルにある青丸の番号1~5に対応したものです。黒いコードが導火線で黄色いコードが導爆線です。導火線には引っ張り式の着火具がついており、反対側には雷管(銅管)と導爆線がテープで結束されています。導爆線は爆薬(ニトロスターチ1ポンド爆薬)にとりつけられています。パネル番号1~5の順にみていきます。

 ① 導火線に点火する…着火具はパーティークラッカーのようなもので、引っ張ると中の火薬に点火し、導火線に火がつきます。着火具のかわりにマッチをつかって導火線に点火することも可能です。

 ② 火が雷管に伝わる…導火線の中には火薬が詰まっているので燃えます。花火と一緒です。導火線についた火が雷管まで達すると雷管が起爆します。写真の導火線は、火をつけてからおおむね45秒~1分程度で雷管まで火が届く長さになっています。

 ③ 雷管が起爆して導爆線に爆轟を伝える…黄色の導爆線はなかに炸薬が詰まっています。ロープ状のミニ爆薬といってよいものです。火をつけても爆発しませんが、テープで結束された雷管が起爆すると爆発します。

 ④⑤ 導爆線から爆薬本体に爆轟が伝わり爆発します。

 導爆線は、爆薬に爆轟を伝えることができるので、雷管のかわりにつかうことができます。ただ、導爆線を起爆させるためには雷管が必要ですから、爆薬の起爆には必ず雷管が必要であることはかわりありません。

 爆薬の種類によっては、雷管だけでは確実に爆轟まで至らないものがあります。爆薬としての安全性=低感度と安定性を求めた結果ゆえともいえます。そのときにつかわれるのが伝爆薬です。

 教範に掲載されているテトリトール爆薬ブロックM2のイラストです。両端に雷管挿入用のキャップがついています。キャップの外側にある「TETRYL BOOSTER」とあるのが伝爆薬です。

 伝爆薬は、名前のとおり、爆薬に爆轟を伝えるものです。雷管の起爆によって伝爆薬が起爆し、爆薬に爆轟を伝える連鎖反応をおこします。本体の炸薬よりも感度が高く、威力のある爆薬を伝爆薬としてつかいます。

 伝爆薬は、破壊器材としての爆薬だけでなく、炸薬をもちいる兵器の多くに備わっています。砲弾や手榴弾はすべて伝爆薬(筒)を備えているといって良いと思います。 ただ、伝爆薬(筒)は不活性処理される際にたいていは除去されるので、私たちコレクターが目にする機会は多くありません。 レプリカでも伝爆薬(筒)まで再現したものは少ないので、あまり馴染みがないと思います。砲弾や手榴弾の伝爆薬については、次の機会にご紹介したいと思います。

 

H鋼を破壊するのに必要な爆薬量と設置方法

爆薬を見たことも触ったこともないのに例示物をつくるのが変人といわれる所為です。

 一昨日に浅草で開催されたサムズミリタリヤさん主催のビクトリーショーで、WW2米軍工兵・衛生資器材の展示をおこないました。

 今回の展示で、自分は主に破壊器材(爆薬)を担当しましたが、観覧いただいた方に、より身近に感じてもらえるような2つの展示をおこないました。1つは爆薬の起爆には雷管が必要であること、もう1つは爆薬量の計算と設置方法についてです。ともに解説のパネルと実物大模型による例示物を作成しました。

 爆薬を取り扱う仕事を経験している方にとって、この2点は基本というか常識です。しかし、以外と一般には知られていないというか、仮に知識があっても具体的なイメージがつかみづらいのではないかと思います(自分自身はそうでした)。

 そこで、説明用のパネルとともに模型による例示物をあわせて展示することで、視覚的に理解しやすいような内容にしました。おかげさまで見学者の方から「今までモヤモヤしていた部分が解消できました」というお声もいただきました。狙いどおりです♪

 以下では、爆薬量の計算と設置方法について、パネルの内容と作成した模型をご紹介します。

 こちらが当日のブースでも展示したパネルの内容です。米軍の破壊爆薬教範(1945年版「FM5-25」)にある計算式を用いて、H鋼の破壊に必要な爆薬量を計算し、それに見合うコンポジション爆薬を設置するというものです。

 展示パネルには「求めてみましょう」と計算を促していますが、特に解答を用意していませんでしたので、ここで答えあわせをしたいと思います。

 計算式は、H鋼の質量を計算し、破壊するにあたって必要な爆薬量を係数「3/8」を掛けて求めます。質量の計算単位はインチで、爆薬量の単位はTNT換算のポンドです。

 まずはH鋼の質量を求めます。下記の計算式【1】~【4】はパネルの水色の番号に該当します。

鋼材質量を求める計算式:2×【1】鉄骨の上辺下辺の幅(70mm)×【2】同厚さ(7mm)+【3】鉄骨中央柱の高さ(150mm)×【4】同厚さ(5mm)

 計算がしやすいように、すべてインチになおして計算してみます。

ミリをインチに換算した計算式:2×【1】2.76×【2】0.276+【3】5.91×【4】0.197=2.689平方インチ

 2.689に係数3/8を掛けると、破壊に必要な爆薬量はほぼ1ポンドぴったりです。ちょうどTNTハーフポンド爆薬2個分です。WW2当時のコンポジション爆薬(C-2)は、重量換算でTNTの約1.3倍の威力がありますので、必要な爆薬量は0.77ポンド、およそ350グラムということになります。

 設置方法は、教範に掲載されているように、当て板で対象面に密着させ、麻紐で縛着する形を再現しました。形状やつかう爆薬量を調節しやすくしたのがコンポジション爆薬の優れた点ですね。

 こちらが教範の設置例を再現した模型です。H鋼は鋼材屋さんから切り出してもらいました。コンポジション爆薬は色・質感が近い紙粘土をつかいました。紙粘土は、比重が爆薬と異なります。そこで模型では、概ねコンポジション爆薬350グラム分に相当する体積である280立方センチを目安に製作しています。

 起爆は電気式を再現し、電気式雷管に見立てたコード付きの銅管を挿入しています。

 今回の模型に近い実爆を経験した有資格者から爆薬(=紙粘土)の量が少し多くない?と指摘されましたが、現代のコンポジション爆薬はより少ない量でも破壊できるように改良されているのではないかと思います。「 こんなものは自衛隊の教材以外にないのでは?」という声も聞きました。自分にとっては褒め言葉です。

VショーWWII米軍工兵・衛生器材展示に参加してきました。

そういえば今回は鉄砲が一丁もない展示でした。

 2019年3月31日に浅草で開催されたVショーでリエナクトメントグループBCo/100bnの展示に参加してきました。当日、ブースにご来訪いただいた皆様、ありがとうございました。多くの方にご指摘やご意見もいただき、とても充実した1日を過ごすことができました。

 今回の展示内容は、WWⅡ米軍工兵・衛生器材の展示でした。工兵や衛生の多様な任務のうち、第一線歩兵に随伴しておこなう作業に力点をおいて、工兵は築城と破壊、衛生は火線下での応急処置と収容にかんする資器材を展示させていただきました。

 築城コーナーでは、各種の大小土工具や偽装網、麻土嚢袋などを展示させていただきました。歩兵が携行するシャベル(円匙)などはお持ちの方も多いと思いますが、大きな土工具は見る機会もあまりないと思います。

 これらの土工具は、グループのメンバーが持ち寄ったコレクションですが、同時にリエナクトメントで実際の土工事でつかう道具でもあります。実際につかってみて初めて意味がわかること、気付くことがあるのがリエナクトメントの楽しみでもあると思います。昨年のMVGでイベント内企画としておこなった掩体再現は、そのような経験が出来るまたとない企画でした。今回の展示では、昨年の掩体再現でつくったパネルも紹介させていただきました。ご関心を持って内容もよくお読みいただいた方も多かったようです。

 破壊器材コーナーは、爆薬類と起爆につかう器材を展示させていただきました。爆薬類は一部の実物不活性品や教練用ダミーを除いて紙と粘土でつくったレプリカですが、ふだん目にする機会もありませんので、多くの方にご興味を持っていただけたようです。重量も実物に近く再現しているので、梱包爆薬などはお仕事で扱われた方々に持っていただき、昔の重く難儀した記憶が蘇るとの感想をいただいた方もいっしゃいました。

 本来であれば、破壊器材とは別に地雷処理・敷設についてもコーナーを設けて展示する予定でしたが、処理に関する器材の準備が間に合わず、破壊器材と一体の形での展示となりました。地雷処理については、機会があれば一度しっかりと展示をしたいと思います。

 なお、今回の展示では、探知針が処理関係で唯一の器材展示となりましたが(上の写真で展示机の前方にある棒状の道具です)、これはめったに見ることのできないレアアイテムだったと思います(私も初めて見ました)。

 破壊器材の展示で一番人気があったのは鉄条網を破壊する棒状爆薬のバンガロール破壊筒でした。映画「プライベートライアン」冒頭のノルマンディー上陸シーンで登場した記憶が皆さんのなかで印象深いようです。

 バンガロール破壊筒は、長さ約1.5メートル、径5.4センチの炸薬の詰まったパイプ状の本体を、ソケットで接続してつかいます。今回の展示品は実物のソケットにあわせて本体を再現しましたが、製作時間に限りがあったこともあり、満足のいく出来ではなかったのが残念です。バンガロール破壊筒の再現は、近いうちにリベンジしたいと思っています。

 衛生資器材は、衛生兵が所持携行する包帯や各種の薬品類(一部外装のみ)、止血帯などの応急処置器具と、傷者を担送するための担架などを展示させていただきました。第一線で傷者救命にあたる衛生兵は止血と感染予防をおこない、それ以上の処置は後方の医療機関になりますが、それでも様々な資器材を携行していることがわかる展示でした。

 エアガンをつかったゲームでは歩兵以外の選択肢があまりないですが、ミリタリーの世界では第一線歩兵を支援する職種が多く存在します。人員や組織、予算でみれば、むしろ支援職種の規模の方が大きいぐらいです。今回はそのような支援職種のなかでも、第一線歩兵に随伴する機会が多い工兵と衛生についてご紹介をさせていただきました。今までにない珍しい展示だったと思います。多くの方に見ていただけたのは、とてもありがたいことです。

 しかし、今回の展示は工兵と衛生のほんの一部を切り取っただけで、内容もまだまだ不十分です。今後、自分自身も精進を重ねていきたいと思っていますが、もし今回の展示で自分も再現を目指したいと思われた方がいらっしゃいましたら、ぜひ一度、BCo/100bnのリエナクトメントに参加してみてください。素晴らしい思い出と仲間をつくることができると思います。

リエナクトメントグループBCo/100bn

http://www.eonet.ne.jp/~kfir/reenact.htm

WWII米軍教範にある非電気式起爆を手元にあるダミーで再現してみた。

 黄色のコードが導爆線、黒いコードが導火線(のつもり)。導火線の手許には着火具(ライター)、先には雷管が付いていて、導爆線とテープで結束します(※本来テープは雷管もすべて包み隠すように巻きます)。導爆線は爆薬本体につなぎます。爆薬はニトロスターチ1ポンド爆薬です。

 着火具は引っ張り式のM1(マッチでも可)。引っ張ると発火して繋いだ導火線に点火します。 導火線の長さは約60センチで、これは点火後、約1分~1分30秒後に火花が雷管まで到達する長さです。

 火が雷管に達すると、雷管を介して導爆線が起爆し、爆薬へ爆轟を伝えます。

 教範には導爆線は各接続部で必ず6インチ/15cmの余裕を残せとあります。水濡れでの不発対策です。

こちらでご紹介しているダミーのニトロスターチ爆薬はヤフオクで出品中です。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。
「WW2 米軍 1ポンド ニトロスターチ爆薬 レプリカ 」


ヤフオク!マイオークション