ブローニングM1919機関銃用キャリングハンドル

以前にもご紹介した空冷式のブローニング30口径機関銃用(M1919A4/A6など)に製造されたキャリングハンドルです。同じものが3つ手元にある機会もそうないでしょうから比較してみます。

 いずれもコントラクトナンバーである「7312973」が刻印されています。金属部分は、一番右端が退色が進んでいぶし銀になっています。真ん中は黒の塗装が残っています。左端はパーカライジング処理でしょうか?異なる部分は、わっかの部分を留めるネジだけです。左から無刻印、「M」の刻印、「A」の刻印です。ネジの規格は同じです。

  「M」の刻印のネジには、鋸刃状のワッシャーが付属しており、本体の留め具が接した部分に傷が残っています。

 サンプルで銃身に取り付けた様子です。放熱筒に通して銃身近くに取り付けます。このキャリングハンドルは、取っ手は基部から中折れ式となっており、ロック機構もないシンプルなつくりですが、銃身に取り付けた時の携行性は非常に優れています。

 ブローニングM1919機関銃用のキャリングハンドルは、1943年頃には採用されていますが、今回ご紹介したA4/A6共用の中折れ式キャリングハンドルの採用は、大戦末期の1945年4月頃で、第二次大戦にはお目見えしていません。時代考証的には、朝鮮戦争以降~ベトナム戦争の時代までと言ってよいと思います。

ヤフオク!マイオークション

こちらでご紹介したキャリングハンドルは、ヤフオクで出品中です。 木製のハンドルは使い込まれた感じがあり、細かい傷がありますが大きなダメージはありません。金属部分にも錆はなく、締めつけ用のネジを含めて部品の欠品はありません。総じて使い込まれた雰囲気を楽しんでいただけると思います。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/j527807552

コメントを残す