The Beck Museum Report

今年の夏にオーストラリア・ケアンズに旅行で訪れた際に立ち寄った軍事博物館です。名前の通り、ベックさんというコレクターが自宅の庭(と言っても農家のようでとても広いですが…)につくった私設博物館です。場所はケアンズから西へ車で約1時間ほどの距離(というと、おそらく約80km)のマリーバという町の外れにあります。

公式Facebookはこちら。https://www.facebook.com/The-Beck-Museum-132862393451374/
場所はこちらのGoogle Mapで。https://goo.gl/maps/eSgj4jZAHjB2

 先日ご紹介の「Australian Armour & Artillery Museum」とは全く違い、こう言ってはなんですが、飛行機あり、戦車あり、大砲ありのなんでもアリのコレクションです。トップの写真をご覧いただければその雰囲気が伝わるかと思います。機体や車両は埃だらけ・錆だらけで、展示してある倉庫もオンボロ(ハリケーンが来たらどうなるんだろう…)。しかし、日本のどこぞにある私設博物館と違い、ほとんどの品がホンモノではありますので、それなりに楽しめるかと思います。と、いうわけで、今回もテキトーに撮影した写真でご紹介します。

 まずは飛行機から。こちらはご自宅?の前に展示しているDC-3(C-47)と思われる機体です。

 次に左がP2ネプチューン哨戒機、右がP-39エアコブラ戦闘機(だったと思います)。飛行機はこのほかに、ジェット機なんかもあったように記憶していますが、写真に写っていないのでスルーして、お次は地上兵器のご紹介。

 P2ネプチューン哨戒機の片翼の下に御鎮座されている105ミリ榴弾砲M2です。他の展示物に比べると、おそらくリペイントもされていて、状態は良さそう。

 ボフォース40ミリ高射機関砲ですね。せっかくなら仰角をとった展示にすればもっと映えるかと思います。

 車両の紹介にうつりましょう。
 M3スチュアート軽戦車。思いっきりオーストラリア軍のペイントですが、配色がよいですね。

 ところで、コレクションが展示(=放置?)されている倉庫の骨組みは木製です。ところどころに補修の跡が…。下に少し写っているのは、確かスズキ製の自衛隊バイクだったと思います。レアでしょうか?桜印の防衛庁プレートあり。

 錆々ですが、ユニバーサルキャリア(ブレンガンキャリア)。いわゆるレストアベースと表現すべきでしょうか…。

 トラックに阻まれてよく見えませんが、LVT(アムトラック)。砲塔がない初期型っぽいですね。

 逆光で何だか良く分かりませんが、すみません。たぶん、戦後第一世代の英連邦主力戦車であるセンチュリオンかと思います(何型かは知らぬ)。

 こちらは館内にある弾薬類のコレクション…って、またまた日本軍のものしか撮影していないのですが…。

 こちらは日本軍コーナー。寄せ書きの日の丸。日本で見ても何とも思いませんが、オーストラリアで見ると、あまりいい気分はしないですね(といいつつ写真を撮ってしまう)。

 オーストラリア・マリーバにある軍事博物館「The Beck Museum」をざっくりとご紹介しました。ごった煮状態で埃だらけ、いつコレクションが散逸してもおかしくなさそう…という、マニア心をくすぐるスポットかもしれません。

 ちなみに、この博物館の近くにはマリーバ空港という、第二次大戦中に軍用飛行場として使われた場所があり、どうもその空港にも軍用機の展示がいくつかあるようです。マリーバ近郊には、ケアンズからの日帰りツアーも組まれることがあるコーヒーファームや蟻塚の名所がありますので、近くをお通りの際は(あまり期待せずに)立ち寄られてはいかがでしょうか?

コメントを残す