ガーランド用8発クリップの刻印

この趣味も長くやっていると、知らぬ間にある程度のバリエーションがあったりします。

 自分はコレクターとしては不真面目なので、バリエーションを集めることにはあまり意識が向きません。当時の情景状況の再現ならばレプリカや戦後代用品のほうがフィールドで気兼ねなくつかえるという事情もあります。

 そんなわけで資料的な価値をアピールできるものでもないですが…そこそこバリエーションがあったのでご紹介したいと思います。自分自身がネット上の現物写真で勉強させてもらっているので、これもどなたかの参考になれば、と。

 M1ライフル(ガーランド自動小銃)の8発用クリップは、軍用としては戦前から戦後1970年代頃?まで各国で製造されており、戦後の民生品は現在も製造されているようです。クリップはスチールのプレス加工品で、形状それ自体に違いはありませんが、底部の刻印で製造メーカーと年代の識別ができます。手元にある数十個のクリップを確認してみると、トップの写真のように10種類のバリエーションがありました。

 こちらは戦時中の米国製造品です。左から「IS」「WEP」「SA」(文字小さめ)「SA」(文字大きめ)「無刻印」です。

 「IS」はインターナショナルシルバー社、「WEP」はウェイドエレクトリック社、「SA」はスプリングフィールド造兵廠で、文字が大きいのは戦時中、文字が小さいのは1943年~1950年代生産品。無刻印は初期のスプリングフィールド造兵廠生産品だそうです。

 こちらの2点は戦後の米国生産品です。左の「AEC」はアグレッシブエンジニアリング社の民生品で、いまも一番入手しやすいものだと思います。右の「BR-W」はボルグワーナー社の生産品とのこと。

 こちらの3点は戦後の欧州生産品です。左から「L&H」はイタリア、「JMO」はドイツ、「MBZ」はオランダです。

 参考にした「AMMO GARAND.COM」によると、約40種類ほどのバリエーションが確認できているようです。お手元のクリップの刻印を確認してみては如何でしょう?

M1 GARAND 8RD CLIP MARKINGS & CODE LIST

https://www.ammogarand.com/m1gaclco.html

30口径機関銃用弾薬箱。日本語ではぜんぶ「箱」と読んでいますが。

WWII 米軍30口径機関銃用の弾薬箱。Ammunition“Chest”と“Box”と二通りの言い方があります。区別する理由は?今昔?形状?用途の違いでした。

 ブローニングM1919機関銃の属品を集めていたら弾薬箱もだいぶ揃ってきました。トップの写真は、いずれも30口径機関銃用としてつかわれた弾薬箱です。手前の右から順に、250発木製弾薬箱、200発車載用金属缶T4、250発金属缶M1、同M1A1、同M2(同盟国生産品)、最後が戦後のM19A1。これで全てではなく、あとは駄載用などの数種類があります。

 木製弾薬箱は水冷式機関銃M1917とともに採用された古いもので、後に若干つくりが簡略化されています。写真の左が初期型、右が簡略化されたものです。木製弾薬箱はM1917という言い方もされますが、軍の正式な名称としては「Ammunition Chest」型番は「49-1-84」です。

 さて、これらは日本語ではすべて「弾薬箱」と呼びますが、 英語の表記では「Ammunition Chest」と「Ammunition Box」と区別されています。トップの写真にある弾薬箱の並びで言うと、右から2つ、木製弾薬箱と金属缶T4までは「Ammunition Chest」で、250発用の金属缶M1以降は「Ammunition Box」です。

 この区別は機能の違いに由来しています。 弾薬を詰め替えして繰り返し使う弾薬箱、いわば兵器の属品として扱われるものが「Chest」で、再利用を考慮しない弾薬箱が「Box」です。日本軍でいう「弾薬箱」と「補給用弾薬箱」の区別と同じといえます。

 これは弾薬教範に掲載されているイラストです。地上戦用の30口径弾薬は、初期は左の1500発入り木箱で支給されていました。この木箱は「Box」です。 戦地で兵士が「Box」の木箱を開梱し、中から弾薬を取り出して「Chest」の 弾薬箱に詰め替えて作戦に出発しました。

 1942年に金属缶のM1が採用されて右のような梱包に改められました。250発入り金属缶4つ、計1000発の木枠梱包です。これは金属缶を「Box」、木枠を「Crate」と呼びます。この方式は木枠を開梱したら、そのまま金属缶を持ち出せるためにとても効率的で(防水防滴機能もあります)、現代に至るまでこの方式が踏襲されています。

以前に金属缶M1用の木枠梱包を再現しています。記事はこちら。
30口径機関銃弾用の木製クレート製作 #3

 金属缶M1は「Box」ですが、そのまま作戦に搬出できるので、「Chest」型弾薬箱に詰め替えが不要です。 金属缶が「Box」であると同時に「Chest」としての機能も果たすようになったわけです。これ以降、30口径機関銃用の「Chest」は存在価値を失います。実際に金属缶M1が登場して以降、歩兵の軽機関銃に使用する「Chest」は属品として存在していないと思います。

 50口径重機関銃も似た状況ですが、一部で「Chest」は残っています。対空マウントで四連装の機関銃に装弾する“墓型”弾薬箱です。

爆薬の起爆に必要な雷管と伝爆薬

爆薬は火をつけても爆発せずに燃えるだけだとわかっていても、焚き火にくべる度胸はありません。

 トップの画像は先日のビクトリーショーでおこなった破壊器材の展示で、より身近に感じてもらえるように製作した2つの例示物のうちのもうひとつです。ミリタリーダイナマイト(コンポジション爆薬)を3本結束したものに、ダミーの非電気式雷管を挿入しています。

 「爆弾」や「ダイナマイト」といえば、導火線が飛び出していて、そこに火をつけると爆発するイメージだと思います。もちろん間違いではないのですが、そのイメージがゆえに仕組みがかえってわかりにくくなっているかもしれません。導火線の先には必ず雷管がついていますが、その雷管はダイナマイトなどの爆薬の中に挿し込まれて外側からはみえません。

 雷管は、火薬を詰めた金属製の棒状のものです。この模型でいうと、黒いコードの先についた銅管が雷管です。この雷管を爆薬に挿し込みます。

 Vショーで展示したパネルです。中央のイラストは、ダイナマイトとTNT、コンポジションのそれぞれの爆薬に雷管が挿入されていることを示したものです。このように爆薬を爆発させるには必ず雷管が必要です。

 火で起爆する方式のものを非電気式雷管、通電して起爆する方式のものを電気式雷管と呼びます。ほかに地雷などの待機型の信管でガラス製のアンプルが割れたときに薬液が漏れ出し、化学変化によって発火して起爆するものもあります。それぞれ起爆にいたる着火方法は違いますが、雷管の役割は同じです。雷管の起爆は、爆薬を爆発させるための「爆轟」(ばくごう)を引き起こします。

 パネルの説明にもあるとおり、ノーベルがニトログリセリンをもとにダイナマイトを開発して以降、爆薬は不意に爆発して惨事を起こさないよう、爆薬本体は低感度で安定性をもつようにし、任意に起爆ができる雷管による爆轟ではじめて爆発する方式で発展してきました。

 起爆の仕組みを非電気式起爆を再現した模型で説明します。この構成はパネルにある青丸の番号1~5に対応したものです。黒いコードが導火線で黄色いコードが導爆線です。導火線には引っ張り式の着火具がついており、反対側には雷管(銅管)と導爆線がテープで結束されています。導爆線は爆薬(ニトロスターチ1ポンド爆薬)にとりつけられています。パネル番号1~5の順にみていきます。

 ① 導火線に点火する…着火具はパーティークラッカーのようなもので、引っ張ると中の火薬に点火し、導火線に火がつきます。着火具のかわりにマッチをつかって導火線に点火することも可能です。

 ② 火が雷管に伝わる…導火線の中には火薬が詰まっているので燃えます。花火と一緒です。導火線についた火が雷管まで達すると雷管が起爆します。写真の導火線は、火をつけてからおおむね45秒~1分程度で雷管まで火が届く長さになっています。

 ③ 雷管が起爆して導爆線に爆轟を伝える…黄色の導爆線はなかに炸薬が詰まっています。ロープ状のミニ爆薬といってよいものです。火をつけても爆発しませんが、テープで結束された雷管が起爆すると爆発します。

 ④⑤ 導爆線から爆薬本体に爆轟が伝わり爆発します。

 導爆線は、爆薬に爆轟を伝えることができるので、雷管のかわりにつかうことができます。ただ、導爆線を起爆させるためには雷管が必要ですから、爆薬の起爆には必ず雷管が必要であることはかわりありません。

 爆薬の種類によっては、雷管だけでは確実に爆轟まで至らないものがあります。爆薬としての安全性=低感度と安定性を求めた結果ゆえともいえます。そのときにつかわれるのが伝爆薬です。

 教範に掲載されているテトリトール爆薬ブロックM2のイラストです。両端に雷管挿入用のキャップがついています。キャップの外側にある「TETRYL BOOSTER」とあるのが伝爆薬です。

 伝爆薬は、名前のとおり、爆薬に爆轟を伝えるものです。雷管の起爆によって伝爆薬が起爆し、爆薬に爆轟を伝える連鎖反応をおこします。本体の炸薬よりも感度が高く、威力のある爆薬を伝爆薬としてつかいます。

 伝爆薬は、破壊器材としての爆薬だけでなく、炸薬をもちいる兵器の多くに備わっています。砲弾や手榴弾はすべて伝爆薬(筒)を備えているといって良いと思います。 ただ、伝爆薬(筒)は不活性処理される際にたいていは除去されるので、私たちコレクターが目にする機会は多くありません。 レプリカでも伝爆薬(筒)まで再現したものは少ないので、あまり馴染みがないと思います。砲弾や手榴弾の伝爆薬については、次の機会にご紹介したいと思います。

 

WWII 米空挺なら良質なキッズ衣装があります。

イベントへ親子参加するときに、キッズ用のちゃんとした上下とそれっぽい靴があると楽しいです。

 一昨年のMVG2017がイベント初参加で、そのときにチビ用の衣装を用意しました。自分で一から製作できる技倆がないので、市販のものから選ぶことになります。WWII米軍だと、空挺用のジャンプスーツでしっかりしたものがあるので、イギリスのオンラインショップから購入しました。靴はそれらしいキッズサイズのブーツをアマゾンで購入しました。

 キッズ用といえどもよく再現されています。腕には101と国旗のパッチ、ズボンにも縛着紐がつくなど本格仕様です。下記のSoldier of Fortuneで購入できます。値段は70ユーロです。送料とあわせて1万円を超えるくらいです。

Soldier of Fortune

101st Airborne M42 jump suit Childrens Sized

http://www.sofmilitary.co.uk/

 久しぶりにサイトを覗いたら、新しくWWII米軍タンカースジャケットがラインナップに加わっていました。第二機甲のパッチが付いています。また、WWIIイギリス軍のキッズ用はかなりラインナップがあります。1937野戦服や空挺用デニソンスモックなどです。

 靴はそれらしいブーツをアマゾンで購入しました。 3000円。合皮なので1回の使用で剥げが出ていますが、年に数回しかはきませんし、すぐにサイズが合わなくなるので、こんなので十分です。

 ちゃんとしたつくりの上下と靴があれば、被り物と装具はアダルトサイズでも良い雰囲気になります。エアガンをつかったイベントへの参加はできませんが、見学なら親子で参加できます。チビも普通にキャンプするより楽しいみたいです。

 2017年の御殿場コンバットで、カマドさんのレプリカ95式戦車と記念撮影。コデさん(@koderago)に撮ってもらいました。

オリジナルの九五式軽戦車を里帰りさせるプロジェクトがあります。もともと日本にあったものの様々な事情で海外に渡った戦車を、走行可能な状態まで復活させて日本に里帰りさせるために必要な資金の寄付(クラウドファンディング)を募っています。私も微力ながら応援させていただきました。プロジェクトの期限は今月末まで。まだ目標金額5000万円を達成していません。ぜひ、一度、下記のサイトをご覧になってください。このプロジェクトの成否は、今後の日本における軍用遺産の扱いに大きく影響がある、とても重要なものだと思います。
「九五式軽戦車」を日本人の手に取り戻す。修復、里帰り計画

https://readyfor.jp/projects/type95HA-GO

機関銃には耐熱手袋が必要ですね。

耐熱手袋。機関銃チームのリエナクト時には持っていたいアイテムですが、なかなかお目にかかれません。

 故リーアーメイさんが司会をやってた銃番組でおこなわれた水冷式M1917と空冷式M1919の放熱比較をYouTubeで見ることができます。

 撮影地が砂漠なので気温が摂氏40度ありますが、100発射撃後の放熱筒表面温度は、水冷式M1917がわずかにプラス10度に対して空冷式M1919はプラス70度です。コックオフを起こさないためにも、銃身交換による冷却が必要です。

 銃身交換は、危急時の連続射撃時にこそ必要ですが、そのときは銃身が熱く、素手では触れないので、耐熱手袋が必要です。WW2米軍ではアスベスト製のミトンが制定されていました。この写真は1943年版の補給品カタログ被服編で手袋が掲載されている頁です。右端にある「Mittens, Asbestos, M-1942」が耐熱手袋です。

 実物の写真です。アスベストの健康被害への懸念で積極的に廃棄されたのか、ほとんど見かけません。 幸運にも1年ほどのウォッチでeBayに出物があり、海外発送を嫌がる出品者を口説いて送ってもらいました。その後も出物はみかけません。

  内側に1943年製のスタンプがあります。戦後はアラミド繊維製に切り替えられました。形状はほとんど同じで、色は薄黄色です。

 HBOのドラマ『The Pacific』でも、重機関銃の射手をつとめる主人公(レッキー)がアスベストミトンを携行しています。片手だけのようですが、教範上は両手ペアでの携行です。ただし、左右の違いはなく、1種類の片手ミトンが2つでペアになります。右手用・左手用の区別はありません。

 勲章を授与されることになったガダルカナルの戦いで高熱の銃身により火傷した主人公(バジロン)は、その経験を活かして硫黄島上陸時には自作のキャリングハンドルを機関銃に付けています。彼が持つ空冷式M1919でもミトンは装備品ですが、 M1919は銃把を外せば、レシーバから銃身一式をそのまますっぽ抜くことができるので、ハンドルや巻き布などで放熱筒の保持さえできればミトンがなくてもなんとかなるのかもしれません。

 耐熱ミトンは米軍に限らずどの軍隊の機関銃チームでも必須アイテム(のはず)です。ドイツ軍の銃身交換用耐熱ミトンは海外でレプリカ商品が出ています。ヤフオクでも輸入して出品をされている方がいらっしゃいましたが、残念ながらあまり注目がされていなかったようです。ドイツ軍の機関銃チームを再現するときこそなくてはならないアイテムだと思います。

HBOの連続ドラマ『The Pacific』はアマゾンプライムビデオにラインナップされています。プライム会員であれば無料でご覧いただけます。この機会に
ぜひ。