WW2 米軍 30口径機関銃キャンバスベルト

30口径機関銃用のキャンバスベルトには、布地が白色のものとOD色のものがあります。今回は250発用のOD色のものを入手できたので、比較したいと思います。

 上が白地のもの、下が今回入手したOD色のものです。スタータータブは白の真鍮製に対して、OD色のものは鉄製です。残念ながらスタータータブには錆による腐食が出ていますが、薬莢を入れた後の緩みがないのでデッドストック品でしょう。

 OD色のベルトにはスタータータブは片側にしか付いてなく、終端は縫製処理されています。

 写真では見えづらいですが、納入記号のスタンプがあります。1943年です。白色のものは1942年なので、ちょうどこの時期が白色とOD色のものとの移行時期にあたっていることがわかります。この後は金属製リンクが登場するので、OD色のものは生産数が少なかったかもしれません。

 手元にある3種類のキャンバスベルトの端部です。一番上は主に車載機銃用に使われた100発用のベルトです。スタータータブが布地に穴を空けてわっかが付いた形となっています。材質は真鍮製です。

ヤフオク!マイオークション

こちらでご紹介したキャンバスベルトは、歩兵用250発(真鍮片側タブ)、車両用100発(真鍮丸環)の2種類をヤフオクに出品中です。ともに実物デッドストックです。250発は近年めったに出物がありませんので、この機会にぜひ。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/w296316608

コメントを残す