Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#4

前回訪問時はオープン直前で利用できなかった射撃場と地下展示室をご紹介します。

 2015年に地下の射撃場と展示室がオープンしました。前回訪問時は、 地下の オープンが博物館を訪れた翌日で、惜しくも見学と射撃が出来なかったので、今回はリベンジです。

 地下の展示室は、小さなスペースですが、米英日独の軍装品と歩兵携行火器(小火器・重火器)が展示されています。見る限り火器類はすべて不活性処理されています。


※日の丸寄せ書きは1945年の進駐時のもので鹵獲品ではありません。

 射撃場は、区画された完全防音の一室で、インストラクターの指導の下に射撃する形です。射撃ができるのはボルトアクションライフルです(拳銃や自動銃はありません)。レンジは30メートルです。

 第二次世界大戦のライフルは、ドイツ軍のモーゼルとイギリス軍のエンフィールドで、8ミリと303をそれぞれ 10発ずつ射撃しました。肩への強い衝撃と火薬の匂いは軍用と同じパウダー量のラージボアならではです。

 右が練習で撃った22口径。左が303と8mmです。ラージボアは30メートルの距離で20発撃って真ん中にあたったのは1発だけ。残りは左上に逸れています。いわゆるがく引きだそうで…。構え方が下手なので、翌日には銃床があたった右上腕の内側に青痣ができてました。

 オーストラリア・ケアンズにある軍事博物館「Australian Armour & Artillery Museum」の再訪をご紹介しました。前回と違い、今回はゆっくりと館内を見学し、地下での射撃も体験することで充実した訪問になりました。

 前回のレポートでも書きましたが、この博物館は、ケアンズ観光では多くの人が訪れるスカイレールの隣に位置しています。個人での手配旅行であれば、スカイレール観光にあわせて訪問ができます。また、 アボリジニカルチャーパークも隣接しています。ご家族はそちらを見学している間に…というのも可能です(私は少し離れたワニ園を家族が見学している間に愉しみました)。

 コレクションが充実している博物館ですので、ケアンズを訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

Australian Armour & Artillery Museum 公式サイト

https://www.ausarmour.com/

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#3

#3では連合軍の火砲を中心にご紹介します。

 ボフォース40mm対空砲。対空機関砲としては傑作だったようで、各国でライセンス生産されたため、連合国・枢軸国双方が同じ砲で撃ち合ったようです。ストークブラン迫撃砲と同じですね。

 50口径機関銃(ブローニングM2)を4丁載せたクアッドマウント。クアッドマウントはいくつかバージョンがあるようですが、トレーラーの形状からするとこの展示品は戦後タイプでしょうか?

 榴弾砲。155ミリと105ミリ。

ともにイギリス軍の4.2インチ迫撃砲。上の写真は展開した状態で、下の写真は専用カートに車載された状態です。砲と二脚の形状はストークブラン式迫撃砲そのものです。81ミリを107ミリにボアアップした感じですね。81ミリだとまだ歩兵が砲身・二脚・床板に分けて担いで行軍できますが、107ミリのクラスになると担ぐことも困難なので車載になるのでしょう。

米軍の37mm対戦車砲M3。防盾の形状が見慣れたものとちょっと違うようです。

 砲口カバーと弾薬箱が付いていますが、照準器とレザーケースは取り外されています。数多くの火砲コレクションのなかで、この37ミリ砲だけはレストアの過程がパネル展示されて扱いが違います。

 イギリス軍の57mm(6ポンド)対戦車砲。日系442連隊対戦車中隊が欧州戦線でグライダー歩兵に分派されたときに装備しています。37mm砲と比較すると一回り大きくて砲身も長いですね。

 収蔵されたばかりのようで案内板がなかった85ミリ野砲D-44。T-34戦車の砲を流用したもののようです。大戦末期の1945年初頭に戦場へ導入され、戦後もながく共産圏で使われたようです。

 次は射撃場のある地下をご紹介します。地下には展示室があり、主に米英独日の小火器が展示されています。

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#2

前回訪問時と比べて収蔵品が増えているだけでなく、車両の内部やエンジンが見られるようになっていたり、同型車種が新旧で比較できるようするなど、見学者に優しい展示になっていました。

 トップの画像は連合軍(米英軍)の装甲車です。手前からハーフトラック、スカウトカー、スタッグハウンドの対空砲と偵察車。

グレイハウンド。37mm砲を搭載したM8ですね。

 水陸両用輸送車アムトラック。写真で見ると大きさを感じづらいですが、目の前に立つとすごく大きいです。HBOドラマ「The Pacific」で輸送艦から紺碧の海へと発進するシーンが印象的。WW2米軍の車両では、M3軽戦車、M5牽引車と並んで好きな車両のひとつ♪

 これ、珍しいんじゃないですかね。豪軍版ユニバーサルキャリアを改修して40mm対戦車砲を搭載したタイプ。 乗員にとっては戦車装甲車と対峙するのは御免でしょうが、歩兵にとっては砲で機関銃を破壊したりと心強かったでしょうね。 

 スチュアートM3軽戦車。右が初期型、左が改修型A1。新旧隣同士で比較ができるようになっています。

 初期型はたくさん30口径機関銃が付いています。前面に1丁、左右に2丁、砲の同軸に1丁、砲塔車外に1丁の計5丁。

 それに対して改修されたA1型は車台は同じで左右の機銃ポッドを埋めたり、物入れを増設しています。

 車体後部の違いもこのように比較できます。

 改修型A1はハッチを開けて車体内部が見られるようにしています。オイルが漏れているので自走できる車両のようです。

 こちらはグラントM3中戦車のコレクション。左2両が戦車、右はM3中戦車の車台をつかって兵員輸送車に改造されたカナダ軍のカングーです。

 以下はM3中戦車の車体内部の様子です。スマートフォンで撮影したので、画角が狭く見えづらいですが…クリックすると拡大写真が出るので資料として必要な方はぜひ。

 前回訪問時には収蔵されていなかったシャーマンM4中戦車もコレクションに加わっていました。

 次は火砲類をレポートします。