弾薬補給のイノベーション“Ammunition box M1”

1942年後半に機関銃向けに採用された金属缶方式は、従来の弾薬補給が抱えていた課題の多くを解決しました。まさにイノベーションといえます。事実、この補給方式は現代にいたるまで踏襲されています。

 米軍歩兵部隊での30口径機関銃の弾薬補給は、長らく小銃弾薬と共通の木箱(”Packing box M1917″)によって行われてきました。

 左のイラストがその木箱です。紙製のカートンに個別包装された計1500発の30口径弾(30-06弾)が梱包されていました。この木箱を開梱して取り出した弾を、右のイラストの装弾器を使用して機関銃用の弾帯にします。キャンバス製のベルトに弾を押し込んで、250発の弾帯をつくります。 250発の弾帯は、属品としての木製弾薬箱(”Ammunition Chest”)に収納されます。

 しかし、米国が第二次世界大戦へ本格参戦すると、この従来の方式は改善が必要となりました。戦地で機関銃の弾帯をつくるよりも工場出荷段階で弾帯状にしたほうが効率が良いからです。そこで当初は、カートンにかわって250発の弾帯を梱包した木箱が出荷されました。しかし、まもなく金属缶(”Ammunition box M1″)に移行しました。

 技術教範(”TM 9-1990″)に掲載された金属缶とその梱包です。1缶に250発の弾帯を収納した金属缶4缶を木枠で梱包した1000発で弾薬補給ができる方式です。金属缶は取っ手のついた蓋がラッチで開閉できる仕組みで、ガスケットにより密封されていたため、防水性能がありました。

以前に金属缶の木枠梱包を再現しています。記事はこちら。
30口径機関銃弾用の木製クレート製作 #3

 この金属缶方式は、梱包を解いて金属缶を手にそのまま作戦に搬出でき、蓋を開けてすぐに機関銃へ装弾が可能な点で非常に優れた方式でした。前線において装弾器による弾帯づくりと、弾薬箱への弾の入れ替えという2つの作業を省略したうえ、軽量化と防水も実現したのです。金属缶”Ammunition box M1″の登場は、まさにイノベーションといえます。事実、この補給方式は現代にいたるまで踏襲されています。

戦後の新型金属缶M19A1の梱包。第二次大戦当時のM1で採用された方式を踏襲している。

 金属缶が採用された正確な時期はわかりませんが、1942年5月発行の技術教範「小火器弾薬」(”TM 9-1990″)の本冊及び同年9月発行の追補版(”C1″)には記載がないものの、同年11月に編纂された軍需学校教範(”OS 9-18″)には、従来の木箱にかわり金属缶が開発された旨の記載があることから、1942年後半には採用され、1943年以降には戦地へ出荷されていたと思われます。そして、金属缶への移行は、スムーズに行われたと思われます。

金属缶(左手前)と従来の木製弾薬箱(右奥)。大きさは一回り違い、重さも木製弾薬箱が約2.3kgであるのに対して金属缶は約1.5kgと軽量です。

 これは、戦地の兵隊の身になって考えてみるとわかりやすいと思います。仮にあなたが機関銃チームの一員であったとしたら、木製で重く嵩張り、弾帯が1本しか入らない木製弾薬箱はすぐに武器係に返納して、軽く防水性に優れた金属缶を携行するでしょう。金属缶は使い捨て”expendable”と規定されていますが、棄てずに弾薬箱として再利用することも可能です。そのうえ、員数管理が不要であることは、戦地の兵士には歓迎されたはずです。弾薬箱以外の用途――壕の雨水出しや簡易便器、調理器具など――に使うことも可能だからです。第二次大戦をテーマにした映画やドラマでは、兵士らが金属缶を調理器具としてつかうシーンが見られますが、これはフィクションなどではなく、員数管理がされない使い捨て金属缶ならではの用途と言えます。

 金属缶への移行がスムーズだったと思われる根拠は教範にも見られます。1943年6月発行の水冷式機関銃M1917の備品カタログでは、従来の木製弾薬箱”Chest, Ammunition, 49-1-84″は削除され、かわりに金属缶”Ammunition box M1″が備品として掲載されています。1943年半ば以降の歩兵用機関銃チームを再現するならば、金属缶を装備するのが良いでしょう。

WWII 米軍 小火器向け補給用弾薬箱「Packing Box M1917」

「Packing box M1917」は、様々な弾薬補給につかわれたので、木箱そのものの外形は同じでも多くの種類があります。時代によって、木箱の塗装やマーキングの内容も変遷があります。

トップの写真は、第二次大戦での第101空挺部隊の活躍を描いたドラマ「バンド・オブ・ブラザーズ」第五話のシーンです。バストーニュの森へ向かうE中隊の兵士らは、不足していた弾薬類を戦場からかき集めます。兵士らは木箱から取り出した補充弾帯(バンダリア)を手に、敵と寒さが待ち受ける森へと向います。

米軍の小火器向け補給用弾薬箱は、長らく「Packing box M1917」という木箱がつかわれてきました。名称からわかるように、第一次大戦に採用されたものです。ライフルや機関銃用の30口径弾(30-06)や50口径弾、カーバイン、45口径弾、12番散弾などの補給に、第二次大戦が終結するまで各戦場でつかわれました。

上記の写真は左右いずれも1944年に撮影されたものです。左の写真は米本土西海岸での演習時の様子で、30口径弾の木箱をトラックに積載しています。右の写真はマーシャル諸島攻略作戦前の船上風景で、陸軍第七師団の将兵が50口径弾を開梱しています。

木箱の外寸は、高さ18-7/16インチ(468mm)、奥行き9-7/16インチ(240mm)、幅14-13/16インチ(376mm)、体積は1.5平方フィート(4205リットル)です。木箱そのものの重量は12ポンド(5.4kg)で、おおよそ100ポンド(45.5kg)以上の耐荷重があります。

構造はなかなか凝ったつくりになっています。 木箱の板材は、それぞれ溝や切り欠きを加工して互いの板材が支え合う構造になっています。耐荷重を得るためです。

このイラストは技術教範に掲載されているもので、木箱を開梱してM1ライフル用の補充弾帯(バンダリア)を取り出すまでの一連の動作を示しています。イラストにある説明(動作説明A・B・C、物品紹介1~8)は以下の通りです。

上蓋は側板からのびた6本のロッドを蝶ネジ(1)でとめています。蝶ネジを外して上蓋をとると(A)、なかには内容品(弾薬種別等)を示す紙製のカードが入っています(2)。木箱の内側は金属製のライナーで密封された状態で、取っ手(4)を引っ張りライナーを開けます(B)。上面にある保護用のフェルト(3)を外して、補充弾帯(5・6・7・8)を取り出します(C)。

上記はM1ライフル用の補充弾帯(バンダリア)のレプリカです。 補充弾帯には各ポケットに8発クリップ計48発が入っており、内容品を示す紙製のカードが入っていました。木箱には計28本の補充弾帯が梱包されており、1箱で1344発の弾薬を補給しました。

ところで、今回、話題にしたいのは、塗装とマーキングの変遷です。

「Packing box M1917」は、様々な弾薬補給につかわれたので、木箱そのものの外形は同じですが多くの種類があります。また、時代によって、木箱の塗装やマーキングの内容も変更があります。以下では、歩兵の主力火器である30口径弾(30-06)の補給用弾薬を中心に、リエナクターやコレクターにとって必要な見分け方を当時の教範をもとに紹介します。

「Packing box M1917」の塗装とマーキングは、おおむね1942年以前・1942年~1943年・1943年~1945年頃・1945年以降に区分できます。その区分をイラストで示したのが以下になります。

まず、1942年以前は、このように未塗装の木箱に弾薬の種別がカラフルな色で識別できるように塗装されていました。このイラストでは赤色=BALL(通常弾)を示しています。木箱に記載される内容は、弾薬種別(”CAL..30,BALL, M2″)・数量(”1500″)・梱包方式(”CARTONS”)・製造所名(”DES MOINS ORD. PLANT”)・ロットナンバー(”D.M. 20096″)です。マーキングは黒色のインクがつかわれました。

1942年時点での30口径弾(30-06)の代表的な弾薬種別カラーコードは以下の通りです。

  • 通常弾(”Ball”):赤
  • 徹甲弾(”A.P.”):黄+青
  • 曳光弾(”Tracer”):黄+緑
  • 焼夷弾(”Incendiary”):黄+赤
  • 小銃擲弾用空砲(”Rifle Grenade”):青・白
  • 演習用空砲(”Blank”):青
  • 訓練用擬製弾(”Dummy”):緑

このカラーコードは、木箱に塗装されたほか、木箱に詰められた弾薬の個包装(紙製のカートン)にも印刷されました。

こちらは 個包装を再現したレプリカです。左の写真は徹甲弾(”A.P.”)、右の写真は曳光弾(”Tracer”)です。紙製のカートンには、このように表面に弾薬種別のカラーコードが印刷されていました。 カートンには20発の弾が詰められており、木箱には75箱、計1500発が梱包されていました。

1942年には、このように木箱全体が茶色に塗装またはステインで着色されるようになりました。戦地における偽装塗色を意識したものと思われますが、工場出荷時に対応したようで、納品済みのものを戦地で再塗装することがあったか否かはわかりません。弾薬種別の色分けは踏襲されています。

また、木箱に記載される内容は1942年以前と同様ですが、文字は黒から黄色に変更されました。米軍の梱包規定における本来の文字色は黒または白のみです。黄色のマーキングは、火薬・爆薬を充填した危険物を示す記載として戦後も踏襲されています。

1943年には、マーキングの内容に大きな変更がありました。まず、弾薬種別の色分け塗装が廃止されました。次に、 5桁の英数字からなる型式が振られています。 また、梱包方式が文字とともにシンボルマークで記載されるようになりました。このイラストでは、 型式は「T1EHA」、 シンボルマークはM1ライフル用8発クリップ補充弾帯を示しています。

型式は、小火器から大口径砲弾・爆薬にいたるすべての危険物について、木箱形状・種別・梱包数量によって定められています。小火器用弾薬は頭文字が「T」から始まるコードです。30口径弾(30-06)には「T1E」が振られています。コードの一覧は以下のWikipediaで紹介されていますので、興味のある方はご覧になってみてください。

https://en.wikipedia.org/wiki/List_of_U.S._Army_munitions_by_supply_catalog_designation

1943年に採用されたシンボルマークは上記の5種類です。左から、M1ライフル用8発クリップ補充弾帯(”8RD CLIPS BANDOLEERS”)、M1903/M1917ライフル用5発クリップ補充弾帯(”5RD CLIPS BANDOLEERS”)、30口径機関銃用250発キャンバスベルト(”250RD AMMUNITION WEB BELTS”)、30口径機関銃用金属リンク(”LINKED”)、50口径機関銃用金属リンク(”LINKED”) です。紙箱(”CARTONS”)のシンボルマークはありません。

シンボルマークは、識字不要で内容物が誰にとってもすぐに判別できるという点で、非常に優れた記載方法だったと思います。

1945年以降は、このように茶色の着色が廃止され、マーキングの文字も黒に戻りました。戦争終結が見えてきたなかで、偽装塗色の必要性が薄れたためと思われます。マーキングは黒に戻りましたが、前述の通り、弾薬や爆薬を直接梱包する金属缶については、戦後も長く黄色のマーキングが踏襲されています。

30口径機関銃用弾薬箱。日本語ではぜんぶ「箱」と読んでいますが。

WWII 米軍30口径機関銃用の弾薬箱。Ammunition“Chest”と“Box”と二通りの言い方があります。区別する理由は?今昔?形状?用途の違いでした。

 ブローニングM1919機関銃の属品を集めていたら弾薬箱もだいぶ揃ってきました。トップの写真は、いずれも30口径機関銃用としてつかわれた弾薬箱です。手前の右から順に、250発木製弾薬箱、200発車載用金属缶T4、250発金属缶M1、同M1A1、同M2(同盟国生産品)、最後が戦後のM19A1。これで全てではなく、あとは駄載用などの数種類があります。

 木製弾薬箱は水冷式機関銃M1917とともに採用された古いもので、後に若干つくりが簡略化されています。写真の左が初期型、右が簡略化されたものです。木製弾薬箱はM1917という言い方もされますが、軍の正式な名称としては「Ammunition Chest」型番は「49-1-84」です。

 さて、これらは日本語ではすべて「弾薬箱」と呼びますが、 英語の表記では「Ammunition Chest」と「Ammunition Box」と区別されています。トップの写真にある弾薬箱の並びで言うと、右から2つ、木製弾薬箱と金属缶T4までは「Ammunition Chest」で、250発用の金属缶M1以降は「Ammunition Box」です。

 この区別は機能の違いに由来しています。 弾薬を詰め替えして繰り返し使う弾薬箱、いわば兵器の属品として扱われるものが「Chest」で、再利用を考慮しない弾薬箱が「Box」です。日本軍でいう「弾薬箱」と「補給用弾薬箱」の区別と同じといえます。

 これは弾薬教範に掲載されているイラストです。地上戦用の30口径弾薬は、初期は左の1500発入り木箱で支給されていました。この木箱は「Box」です。 戦地で兵士が「Box」の木箱を開梱し、中から弾薬を取り出して「Chest」の 弾薬箱に詰め替えて作戦に出発しました。

 1942年に金属缶のM1が採用されて右のような梱包に改められました。250発入り金属缶4つ、計1000発の木枠梱包です。これは金属缶を「Box」、木枠を「Crate」と呼びます。この方式は木枠を開梱したら、そのまま金属缶を持ち出せるためにとても効率的で(防水防滴機能もあります)、現代に至るまでこの方式が踏襲されています。

以前に金属缶M1用の木枠梱包を再現しています。記事はこちら。
30口径機関銃弾用の木製クレート製作 #3

 金属缶M1は「Box」ですが、そのまま作戦に搬出できるので、「Chest」型弾薬箱に詰め替えが不要です。 金属缶が「Box」であると同時に「Chest」としての機能も果たすようになったわけです。これ以降、30口径機関銃用の「Chest」は存在価値を失います。実際に金属缶M1が登場して以降、歩兵の軽機関銃に使用する「Chest」は属品として存在していないと思います。

 50口径重機関銃も似た状況ですが、一部で「Chest」は残っています。対空マウントで四連装の機関銃に装弾する“墓型”弾薬箱です。