迫撃砲弾のダミー信管をつくる。(未完)

60mm迫撃砲の再現をするにあたり、砲弾のレストアに着手しています。亀のようなのろさですが。榴弾に装着する信管を再現しました。

 昨年3月のブログ記事「 ヤフオク入手の不思議ちゃん60ミリ照明弾を再生させる。(未完) 」で書いたように、60mm迫撃砲弾のうち、まずはレストアのハードルが低い照明弾から手がけることとして、弾体の塗膜を落としました。その後、神戸へ一時転居するなどしてペンディング状態でしたが、京都に住む知人(自分はスーパーマンと呼んでいる)から、ありがたいことに、設備の整った彼の工場で砲弾をレストアすることを提案いただきました。

 そこで今年2月に自宅へ戻ったタイミングで、塗膜を落とした照明弾と未着手の榴弾をまとめて京都の工場に送りつけたはいいものの、新型コロナウィルスの蔓延でレストア作業が延期となり、今もまだお互いの日程調整すら出来ていない状況です。その後にまた鉄屑数発が手許にやってきたりして、いったいレストア対象の砲弾が何発あるのかすら、よくわかりません。

 とはいえ、何もしていないわけではなく、榴弾のダミー信管の製作に取りかかっています。照明弾には信管が残っていますが、榴弾には完全な形の信管が1つしかありません。榴弾をレストアするならば、そのときにつける信管がないと、格好もつきません。

 60mm迫撃砲の榴弾M49A2のイラストです。榴弾用の信管は、81mmと共用の着発信管M52シリーズです。第二次世界大戦時のM52シリーズには、アルミ製のA1、ベークライト製のB1、アルミ製とベークライト製の部品が組み合わさったB2の三種類があります。今回は戦時中に資源節約の目的で採用されたベークライト製M52B1を再現することとしました。以前に再現したレプリカの射表もB1のものなので、ちょうど良いです。

 この写真は、81mm迫撃砲チームの射撃風景です。次弾を渡そうと立っている兵士が右手に持っている砲弾にはベークライト製のM52B1信管がついています。座っている兵士が手にしている砲弾は右手がアルミ製のM52A1信管、左手はアルミ製で初期型のM52信管がついています。アルミ製とベークライト製の部品が組み合わさった信管は、写真右下の集積された砲弾のなかに確認できます(実はこの信管がちょっと謎なんですが…)。榴弾の信管種別は、野戦において顧慮されていなかったことがうかがえます。

 戦後の軍需部資料にあるM52A1信管の図面です。右下の記録欄にあるように、1939年に制定されてから数回の変更がありましたが、基本的な構造に変更はありません。ベークライト製のM52B1信管は、ストライカーを支えるヘッドとベースとなるスレッド部分をアルミからベークライトに置き換えたものです。図面のアルミ製A1と構造は同じで、外観の形状もほとんど同じです。そこで、手許にあるA1の実物を型取りし、ヘッドとスレッドは黒色のレジンで、頭部のストライカーはホワイトメタルの鋳造で作成することとしました。

 試作品です。セーフティワイヤーの位置が本来とは異なります。これはアルミ製のA1とベークライト製のB1の違いです。写真は修正前のものです。内部の撃針は再現していませんが、ヘッド内にバネを仕込むことで、ストライカーは実物と同じように動きます。ここまでつくるのに、かなりの試行錯誤がありました。

 実物から型取りしているので当然ですが、放出品の砲弾にしっかりと装着できます。M52シリーズの信管は81mmとも共用なので、このように81mm砲弾にもしっかりと装着できます。

 試作品では、弾体の炸薬を爆轟させるための起爆薬(ブースターカップ)も分離できるようにつくっていますが、実物の砲弾は信管を装着した形で梱包されて戦地に送られます。戦地において、なんらかの理由で砲弾から信管を外すことはあっても、信管から起爆薬を分離することは基本的に想定していません。実際、起爆薬の螺着部は信管にセメントで密封されています。そこで分離できるタイプは試作品のみとし、ほかは取り外し不可の一体成形としました。


 写真は手前が試作品、奥に並んでいるのが一体成形のものです。レストア対象の榴弾はたしか10発程度はあったと思うので、それにあわせて型抜きをしています。レジン成形時の気泡による欠けがすこし見られますが、自分たちでリエナクトメントに使用するには許容範囲の出来でしょう。ヘッドは実物同様に外れるので、ストライカーは組み込むことができます。ストライカーはホワイトメタル製ですが、強度は申し分なさそうです。

 タイトルに「未完」とあるように、ダミー信管の完成までに残る作業として、真鍮製の安全栓と螺旋蓋の製作があります。真鍮は鋳造の温度が高く、自作が難しいため、専門業者に依頼する形を考えています。

WW2米海兵隊60mm迫撃砲チームの活躍を描いたHBOのテレビシリーズ「The Pacific」はアマゾンプライムビデオにラインナップされています。プライム会員であれば無料で視聴できます(2020年10月2日現在)。年会費も手頃でオススメです。

コレクションは教範からはじめよう

これまでミリタリーの趣味を30年ほどやってきて感じるのは、国や時代を区切ったり、属品を含めた武器装備といった系統的なコレクションを目指すなら、まずは教範を手にいれるのが良い、ということです。

本稿は一部の記述に不正確な表現があった箇所を訂正しています。訂正箇所は本文中に下線部で示しています。(2020年10月11日)

 コレクションのきっかけは、憧れのモノを目にして、なんとか手に入れて、そこからもっと知識を得たい、もっと集めたいというのがオーソドックスなスタートでしょう。しかし、自分自身の経験からすると、やはり最初に公式資料(教範など)に目を通しておけば、回り道をせずにすんだし、何よりもより深い理解のうえで愉しめたのではないかと感じます。

 第二次世界大戦の米軍が使用した60ミリ迫撃砲と属品一式です。ここまで集めるのに、けっこうな時間と労力を費やしました。これを見て「自分もこんなふうに集めたい!」と思うのが人情だと思います。しかし、この組み合わせは、厳密にはデタラメなのです。

 市販の専門書や概説書、ネットのブログなどは、参考になる情報は多いです。むしろ着装を目指した被服装備にかんしては、公式資料だけでは把握が難しいため、先達の知見に頼るのは不可欠であると言えます。しかし、やはり頼るべきものとして、当時の軍が発行した公式資料に勝るものはありません。公式資料があれば、ここで紹介したような、いっけん、完成度が高く見えるコレクションの誤謬も見破ることができます。

 60ミリ迫撃砲の公式資料です。左から1942年版の教範(FM23-85)、同追補版、同1945年版、右端が備品カタログリストです。自分はコレクションが佳境に入ってから、これらの資料を入手しました。あくまでも属品の一環としてでしたが、これらの資料に目を通すことで、それまでコレクションの過程で次々と出てきていた疑問の多くを解消することができました。

 自分が目指す時代のコレクションからみて、どれとどれが不要で、どれが必要であるか、むしろ同好の人たちが注目していないものこそ探す価値がある。そんなことが、公式資料に目を通すことで見えてくるようになります。

 米軍の公式資料、とりわけ第二次世界大戦当時の教範類は、おそらく世界各国の各時代の軍隊資料のうち、最も入手がしやすいのではないかと思います。発行された資料は膨大ですが、そのうちの少なくない資料を、インターネットから無料のPDFデータとして入手することができます。

世界最大のインターネットデータアーカイブです。「WW2コレクション」から発行年と著者・発行機関を指定して検索することで、第二次世界大戦当時に米軍が発行した2000冊近くの教範類を閲覧・ダウンロードすることができます。
https://archive.org/details/wwIIarchive

Internet Archive

 インターネット上にない資料はオンライン通販で入手します。米軍の教範類はオークションのeBay、古本モールのAbeBooksがオススメです。
http://www.ebay.com/
https://www.abebooks.com/

 系統的なコレクションでは、各年代の区分が重要になります。教範も数年おきに改訂版が出ており、自分が目指す年代と、その前後の資料を入手すると、コレクションすべきものの位置づけや意味が明確になります。上記の60ミリ迫撃砲でいえば、教範『FM23-85』は、1940年・1942年・1945年に発行されており、これら三冊に目を通すことで、 戦法と装備の変化を把握することができます。また、教範に未掲載の装具については、軍需部(Ordnance)や需品部(Quarter Master)の公報などでも採用の時期や意図を知ることができます。

 これから系統的なコレクションを目指したい方、また、すでにコレクションが佳境に入っている方も、まずはインターネット上で自分が目指す対象の教範を探してみてください。 「ああ、そうだったのか!」という気づきと、よりコレクションの愉しみを実感できると思います。


【おまけ】第二次世界大戦時の米軍60ミリ迫撃砲の装備品として、写真のなかのなにがデタラメなのか、わからないままだと気持ち悪いと思いますので、下記に正解を記します。 赤色で囲った番号1~6は、それぞれ時代の相違があります。

【1】この60ミリ迫撃砲は、トレバースバーに防塵スレッドが追加された改良型のM5マウントです(1945年製造)。第二次世界大戦では、トレバースバーが剥き出しのM2マウントがつかわれました。ただ、M2マウントは戦後にM5マウントへ改修されたため、コレクター市場にはほとんど存在せず、入手は極めて困難です。

【2】第二次世界大戦での60ミリ迫撃砲の砲弾は、主に18発入りの紙筒と木枠の梱包でした。戦争後期には10発入りの木箱が登場しました。この写真に写っている金属缶は、戦争後期に登場した8発の砲弾を収納するもので、落下傘部隊と太平洋戦域向けに使用されたとみられます。

【3】迫撃砲の床板を収納するバッグです(Base Plate Bag M4)。1940年教範では、迫撃砲班の班長が携行するように定めがありましたが、1942年教範では、床板を含む迫撃砲一式を射手が携行するように戦法が改められ、このバッグも備品から削除されました。なお、海兵隊では、1943年以降も旧戦法を踏襲しているため、このバッグが継続使用された可能性があります。

【4】夜間の照準に使用するための照明具です。1944年にM5マウントとともに採用されたと思われます。第二次世界大戦で使用されたか否かはわかりません。

【5】標桿と標桿灯です。採用は戦争集結前後と思われ、第二次世界大戦での使用は確認できません。なお、60mm迫撃砲の標桿は、1945年まで、教範上は“即席”(Improvised)とあります。砲弾の梱包資材(芯につかう鉄棒)や枝木などを流用したものと思われます。

【6】各種器材を収納するバッグです(Ammunition Bag M1)。 1940年教範では、迫撃砲班の班長が携行するように定めがありましたが、1942年教範では、このバッグは備品から削除され、班長は12発の砲弾を携行できるバッグ(Ammunition Bag M2)を着用するように改められています。 なお、海兵隊では、1943年以降も旧戦法を踏襲しているため、このバッグが継続使用された可能性があります。

 仮に1943~1945年のヨーロッパ戦線における米陸軍歩兵の60ミリ迫撃砲(ライフル中隊火器小隊迫撃砲チーム)を想定した場合には、上記の赤印1~6の属品・装備品は、いずれもコレクションやリエナクトメントにおける対象外、もしくは代用品としての扱いとなります。分隊装備品の再現は、下記の記事をご覧ください。

WWII 米軍 60mm迫撃砲分隊の携行品

WWII米軍ライフル中隊火器小隊の60mm迫撃砲分隊は、分隊長1、砲手1、助手1、弾薬手2の5名の編成。それぞれの携行品を再現してみました。鉄帽・被服・背嚢・防毒面・軍靴は含んでいません。想定年代は1943~1945年。一部、推測と不足品もありますのでその点ご了承ください。

映画『プライベートライアン』の迫撃砲弾を手で投げるのは嘘じゃない。

けっこう気になるシーンの真偽。前にTwitterでも投稿しましたが…ちゃんとまとめます。

 映画『プライベートライアン』の終盤で、60mm迫撃砲弾を手投げするシーン。ネット検索すると、けっこう気になる人が多いようです。これ、ウソじゃありません。実際に欧州と太平洋の戦場で同様の方法で砲弾を手投げして敵兵を倒し、受勲した兵士もいます。

 これを理解するには、迫撃砲弾の構造と起爆(発射)のメカニズムを知る必要があります。特にポイントとなるのが尾翼の推進薬と信管の作動方式です。以下に見ていきましょう。

  鉄砲や大砲の弾はおおまかにいうと弾頭と薬莢から出来ていて、撃つと弾頭だけが飛んでいき、薬莢は残ります(薬莢は排出して次弾の装填に備えます)。これに対して迫撃砲はシュポンと砲弾ぜんぶが飛び出していきます。多くの皆さんが思っているイメージ通りです。

 このイラスト図は、映画『プライベートライアン』で主人公らが手投げした迫撃砲弾(M49A2榴弾)の構造を示したものです。おおまかにいって、上から信管(起爆薬が詰まっている)、弾体(炸薬が詰まっている)、尾翼(推進薬が詰まっている&距離に応じた増分薬)からなっています。このイラスト図では、信管【A】、起爆薬【B】、弾体【D】、炸薬【E】、尾翼【H】、推進薬【I】、増分薬【G】です。この砲弾の発射から爆発にいたるメカニズムは次の通りです。

  1. 砲身に砲弾を入れる。
  2. 砲弾は自重で砲身内を落下し、砲身の底にある撃針に砲弾の尾部が刺さり、尾部の雷管が起爆することで尾翼の推進薬【H】に点火する。
  3. 尾翼の推進薬(と距離に応じて増分薬【G】)が燃焼することで砲弾が飛んでいく。この時点で信管の安全栓が外れて作動可能状態となる。
  4. 着地の衝撃で信管が作動し、起爆薬【B】を介して弾体の炸薬【E】に点火(爆轟=ばくごうと言います)して砲弾が爆発する。

 映画『プライベートライアン』のシーンを見てみましょう。迫撃砲の底板にガツンっと砲弾を打ち付けて投げています。この動作は、前述の2と3に該当します。通常であれば推進薬【H】に点火してしまいますが…

 これは砲弾の尾翼と使用済みの推進薬です。推進薬はこのように赤・黄のツートンもしくは赤一色の紙製のカートリッジです(穴が空いているのは使用済みで尾翼の穴の部分だけ燃焼して砲弾が飛ぶためのガスを放出しているから)。もし尾翼内に推進薬が入っていれば、赤・黄または赤の色が尾翼の穴から見えますが、映画のシーンでそれらは見えません。また、射距離に応じた増分も付いていません。砲弾が飛ぶのに必要な推進薬と増分は予め取り除かれていたことを示しています。矛盾はありません。

 次に、砲弾を投げて爆発させるには、信管を作動させる必要があります。信管の安全栓が解除されて作動可能状態になる仕組みは多様ですが、今回のテーマであるM52着発信管では、砲弾を砲身に入れる前に、信管にぐるりと付いている安全ワイヤーを外すことが必要です。

 映画では、主人公のライアンが底板に砲弾をたたきつける前に、安全ワイヤーを外すシーンがこのようにしっかりと描写されています。

 ただ、安全ワイヤーを外しても信管はそのままでは作動状態になりません。点火した推進薬のガス圧で砲弾が回転する慣性の力で信管内部の金具が回転し、砲弾が砲身を飛び出した時に安全栓が解除される仕組みです。映画のシーンのように、砲弾を底板に強く打ち付けて、その衝撃で安全栓が解除されるかは…ちょっとわかりません。ただ、少なくとも信管が作動状態になるためのステップとして、映画のシーンでおかしなところはないのです。

 なお、迫撃砲弾の殺傷半径を考えると、平地で20メートル以上は離れた場所に着地できるように投げる必要があります。60ミリ砲弾の重さは約1.34kgで、これは当時の手榴弾(Mk2)2個分以上はあります。なかなか投げるのも一苦労ですが、映画で主人公たちは瓦礫の山に囲まれていますので、安全面でも十分あり得る設定ではあることがうかがえます。

 このように、映画『プライベートライアン』の砲弾手投げシーンは、迫撃砲のメカニズムや設定された状況からも、不自然なところはなく、しっかりとした考証のうえで撮影されていることがうかがえます。

映画『プライベートライアン』はアマゾンプライムビデオにラインナップされています。プライム会員であれば無料でご覧いただけます(2019年5月3日現在)。迫撃砲弾の手投げシーンを改めてチェックしてみては如何でしょう?プライム年会費は手頃ですので、この機会にぜひ。

ヤフオク入手の不思議ちゃん60ミリ照明弾を再生させる。(未完)

60ミリ砲弾の撃ち殻がいつの間にかだいぶ溜まってきたので再生に着手することにします。

 まだ旧式60ミリを使用していた頃の自衛隊(もしくは在日米軍)がおそらく1970年代~1990年代頃に放出した使用済みの鉄屑です。60ミリ迫撃砲分隊の再現がしたいため、鉄屑の出物があるたびに手を出していたら、いつのまにやらこれだけの量になりました。

 照明弾だけで7発が手元にあります。このなかに土産品として売られる過程でヘンテコな塗装をされたものが2つ混じっています。60ミリ砲弾なのに「ILLUM 81MM」、おまけに信管部分もご丁寧に金色でゴージャス塗装されています。

 手元にある照明弾の鉄屑は、すべて戦後のM83A3ですが、弾殻と信管ともに形状はWW2時代のM83/M83A1とほとんどかわりがありません。破損がひどくて完品にはほど遠い榴弾(HE)と違い信管も形を保っていますので再生の余地があります。照明弾から再生していくことにしました。
 戦後のM83A3はボディが白でフィンが茶の塗色ですが、WW2時代はボディがグレーでフィンがODです。そこで、まずは ヘンテコも含めてすべての塗膜を落とします。

 リムーバーで塗膜を落とした状態です。フィンが外れるのは2発だけ、信管上部のみ外れるのが1発だけです。弾体の錆は塗装に支障がない範囲で落とします(錆転換剤でも塗ると良いかもしれませんね)。

 迫撃砲弾はフィンの内部に詰めた推進薬が点火し、フィンの外側に付けた増分に応じて射程が変わります。フィンの内部には推進薬の燃えかすが入ったままです。プライマーキャップが固着して外れないため、フィンの穴をほじってゴミを出します。おかかみたいで美味しそうに見えます。

 フィンからゴミを出し終わって、ひとまずペンディングです。

八九式重擲筒用試製照準子

筒身を45度の角度で正確に保持するのは可能だけど、いろいろ難しかったのでしょうね。

 日本軍の擲弾筒は砲架を持たない軽迫撃砲で、筒身を手で斜めに保持し、榴弾を砲口から装填して発射します。砲架がないため軽量で携行性に優れ、砲の運用を兵士一名でも可能にしたという点で非常に優れた兵器といえそうです。対日開戦後に米軍が急遽、60ミリ迫撃砲の擲弾筒的運用を真似たのもそれを証明しているといえます(→「日本軍を真似た…が、上手くいかなかった?米軍60ミリ迫撃砲“ONE MAN MORTAR METHOD”」

 日本軍の擲弾筒には手元にある撃針位置を上下にずらすことで射程を調節できる機構が付いていました。射撃時は斜め45度の角度で保持し、撃針位置で射程を変えるわけです。しかし、手で 45度の角度を正確に保持するのは可能ではあっても実用上は困難があったのでしょう。 1941年に採用された試製照準子の存在がそのことを示しています。

  試製照準子は「八九式重擲筒ニ取付ケ筒ニ四十五度ノ射角ヲ付与スルノ用ニ供ス」もので、螺着式のバンドで筒身に取り付ける指針型の水準器です。 この図面は防衛研究所が所蔵している現地改修のための取扱説明書に収録されているものです。筒身に穴をあけてネジ留めし、バンド部を締めて取り付けます。

 このようにバンド部には筒身の方向照準線に合わせるための溝切りがなされ、赤色のペイントもされています。 45度の発射角度に合わせることができるように小窓の夜光塗線に中のゲージを合わせるようになっています。小窓はベークライト製で、内部のゲージは傾斜角度によって動き、45度の位置で停止します。

 筒身を仰角45度に保つのは訓練で習得はできます。しかし、夜間の暗闇下で目視確認ができない場合に45度を保つコツは熟練していないと相当に難しいでしょう。ゲージに夜光塗線が採用されているのがその証です。また、日中であっても火線下ではゲージがあるとないとでは心理的にも違う気がします(焦って平常心じゃない時こそ役立つ)。 

 「試製」の名称ですが、現存する史料では1941年に陸軍兵器本部長宛で三万個の調達が指示されています(→アジア歴史資料センター「Ref:
C04123065200」
)。調達数からも全軍配備といえると思います。1942年には「八九式重擲弾筒用試製照準子説明書」として、現地で改修が可能なように作業手順も含めた取扱説明書も発行されています(この説明書は防衛研究所に所蔵されています)。

 試製照準子の普及率については史料未見のためにわかりません。ただ、米軍が戦地から持ち帰った擲弾筒が不活性処理されてコレクションとして市場に出ており、これまでオンラインで販売されてきたものを見る限りでは、試製照準子が付いているものは半数を下回る割合、およそ3割程度という印象があります。

こちらでご紹介した試製照準子付きの八九式重擲弾筒(初期型)はヤフオクに出品中で。米国で無可動処理がされた里帰り品で、 柄桿外被や砲向照準線のペイントも残る状態が良いものです。

https://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/355876147

ヤフオク!マイオークション