Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#2

前回訪問時と比べて収蔵品が増えているだけでなく、車両の内部やエンジンが見られるようになっていたり、同型車種が新旧で比較できるようするなど、見学者に優しい展示になっていました。

 トップの画像は連合軍(米英軍)の装甲車です。手前からハーフトラック、スカウトカー、スタッグハウンドの対空砲と偵察車。

グレイハウンド。37mm砲を搭載したM8ですね。

 水陸両用輸送車アムトラック。写真で見ると大きさを感じづらいですが、目の前に立つとすごく大きいです。HBOドラマ「The Pacific」で輸送艦から紺碧の海へと発進するシーンが印象的。WW2米軍の車両では、M3軽戦車、M5牽引車と並んで好きな車両のひとつ♪

 これ、珍しいんじゃないですかね。豪軍版ユニバーサルキャリアを改修して40mm対戦車砲を搭載したタイプ。 乗員にとっては戦車装甲車と対峙するのは御免でしょうが、歩兵にとっては砲で機関銃を破壊したりと心強かったでしょうね。 

 スチュアートM3軽戦車。右が初期型、左が改修型A1。新旧隣同士で比較ができるようになっています。

 初期型はたくさん30口径機関銃が付いています。前面に1丁、左右に2丁、砲の同軸に1丁、砲塔車外に1丁の計5丁。

 それに対して改修されたA1型は車台は同じで左右の機銃ポッドを埋めたり、物入れを増設しています。

 車体後部の違いもこのように比較できます。

 改修型A1はハッチを開けて車体内部が見られるようにしています。オイルが漏れているので自走できる車両のようです。

 こちらはグラントM3中戦車のコレクション。左2両が戦車、右はM3中戦車の車台をつかって兵員輸送車に改造されたカナダ軍のカングーです。

 以下はM3中戦車の車体内部の様子です。スマートフォンで撮影したので、画角が狭く見えづらいですが…クリックすると拡大写真が出るので資料として必要な方はぜひ。

 前回訪問時には収蔵されていなかったシャーマンM4中戦車もコレクションに加わっていました。

 次は火砲類をレポートします。

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#1

オーストラリア・ケアンズの装甲大砲博物館を2018年の年始に再訪しました。収蔵品が増えていたのと前回2015年の訪問時は体験できなかったライフル射撃をしてきました。#1ではドイツ軍の兵器をご紹介します。

2015年に訪問したときのレポートはこちら。#1 #2 #3

 2年前に訪れた時と比べて収蔵品が増えてました。特にWW2ドイツ軍関係。車両と火砲が充実しています。映画『フューリー』のレプリカタイガー555号も展示されています。

ハーフトラック2車種。兵員輸送車SD.KFZ.251/1と指揮通信車250/3。

 こちらは映画でおなじみのレプリカハーフトラックとしてよく使われる チェコOT-810装甲車。

 チェコスロバキア併合でドイツ軍の装備品となった38トン戦車。

 小柄な38型駆逐戦車ヘッツァー。

 1号戦車の砲塔。 15センチ自走砲のフンメルもレストア完了次第お目見えするようです。

 WW2ドイツ軍のポータブルMG掩体。珍しいのかよくわからないけど、こういうのは戦車・装甲車より好きです。

 火砲もコレクションがかなり充実しています。ドイツ軍の車両と火砲だけで1ガレージ分あります。火砲は以下の通りです。

 対空砲の弾倉と予備バレル。兵器も属品があって機能するので、このような展示は個人的に嬉しいですね。 

 最後は第一次世界大戦時の7.58センチ迫撃砲です。迫撃砲ですが、ライフリングがあり、複座機と駐退機をもつ機構です。ストークブラン式の軽量墜発式にとってかわられました。

 次は連合軍関係の車両を中心にレポートします。

博物館に収蔵展示されているレプリカタイガー戦車が登場する映画『フューリー』は、アマゾンプライムビデオにラインナップされています。プライム会員であれば無料でご覧いただけます(2019年3月17日現在)。

過去最高の歴史再現!MVG 2017 in ASAMAに参加してきました。

世界にも自慢できる、素晴らしい歴史再現のイベントです!

 北軽井沢の旧浅間サーキットで、2017年6月16日(金)~18日(日)の日程で開催された、サムズミリタリヤさん(http://www.sams-militariya.com/)主催のイベント「MVG 2017」に参加してきました。M3ハーフトラックを始めとする貴重な実働軍用車両と、当時を忠実に再現したキャンプ。ミリタリービークルコレクターと、ミリタリーリエナクターの皆さんの共演です。サムズ社長が、英国のWar & Peace Showを再現したいと、各グループと調整して開催された本イベントは、日本のミリタリーイベント史上で初めてと言える内容充実した第二次大戦歴史再現の舞台になったと言えると思います。

 開催期間中は天気にも恵まれ、参加者の皆さんは、思う存分、当時の情景再現とミリタリービークルの走行、さらにヒストリカルサバゲーを楽しまれていました。

 こちらの写真はM3ハーフトラックの走行シーン。ミリタリーアーツ(https://www.facebook.com/1045463282180646/)の皆さんのご協力による走行会は、土日の2日間にわたって行われ、車載機関銃の擬似発砲音を響かせて、イベントを盛り上げてくださいました。

 夏でも冷涼なイベント開催地では、松の針葉樹と山ツツジが美しい、ヨーロッパを彷彿とさせる風景のなか、当時へタイムスリップしたのでは?と思わせるほどの素晴らしい光景が広がります。写真はドイツ軍キャンプ前の街道上に停車したキューベルワーゲン。

 当時を再現したテント群と軍用車両が集結し、リビングヒストリーエリアでは、まさに第二次大戦の欧州戦線にタイムスリップしたような感覚すらするような完成度の高さです。写真は、リエナクトグループのBCoさん(http://www.eonet.ne.jp/~kfir/)の協力によるキャンプの風景。3日間にわたって参加者に対して当時を忠実に再現した糧食の提供が行われました。

 乾燥素材と缶詰をメインに作られた戦場メニューです。私たちは、2日目の朝と3日目の昼の2食をご馳走になりました。1食500円というリーズナブルさ。メスパンでいただきます。味は…正直、期待していなかったのですが、とても美味しい!!!…しかし、Bco糧食班の先任さん(https://twitter.com/xxkfirxx)に感想を述べたところ、「むしろ不味いと言ってもらった方が、『いえ、これが当時の味なんです』と言えるんです♪」。このような一般参加者を対象にした大規模な戦場糧食の再現は、日本のミリタリー史上初であると同時に、海外のイベントと比較しても遜色のないレベルの高い歴史再現だと思います。

 さて、今回、私は、小学生の息子と二人で、レプリカのスモールウォールテントを使ってリビングヒストリーエリアでキャンプしようと乗り込んだのですが…なんと金曜日の夜は、Bcoさんのグループのみしかおらず。隊長さん(https://twitter.com/bco_100bn)にお聞きしたところ、快く、BCoさんの将校用スモールウォールテントの横に並んで設営させていただきました。この写真の一番手前が私共親子のテントです。

 こちらが我が家のテントです。見た目は、歴史再現を損なうような現代品(オーパーツ)は目には入りませんが、しっかりとテント毎に役割を割り振っているBcoさんのテント群のなかに、ノンコンセプトのスモールウォールテントが一張り…テント内には2つのフォールディングベッドを置いているので、下級将校用ということになるのでしょうが…。快く混ぜていただいたBCoさんの皆さんに感謝です。…ところで、この写真のなかで、私が一番こだわったのは何でしょうか?…正解は、2脚のイスです。

 第二次大戦当時に米軍が使ったイスで(いえ、本当はコーストガードかもしれませんが…)、このように、連邦財産であることを示すマーキングが背面にあります。息子と二人でまったり過ごすのに輸入しました。送料・関税を含めて、かなりかかりましたが、誰もこのぼろイスのことを聞いてくれる人は居ませんでした…(涙)

一方で、こちらの機関銃手用のバンカーは好評で、撮影会のモデルさんたちや一般参加の皆さんの記念撮影に使っていただきました。

 多くの銃では、撃ち殻の薬莢は、銃本体の右側面から排出(排莢)されますが、ブローニングM1919機関銃は、本体下部に排莢口が設けられているので、空薬莢も真下に落ちて散らばります。このため、空薬莢もそれっぽく配置しました。

 機関銃手用のバンカーは、リビングヒストリーエリアの端、ちょうど街道に面する窪地を広げて、ドイツ軍宿営地を狙い撃てる場所に造営しました。本当は、1重の土嚢では耐弾には不十分で、2重・3重が本来の姿ですし、米軍教範にある形状とは違いますが、まあまあ雰囲気は出たと思います。

 機関銃で狙いを定める我が息子。射線の先は…ドイツ軍中隊本部に居る、サムズ社長です!

 MVG 2017、参加者の皆さん、お疲れさまでした。また、我が家のチビ助を多くの皆さんに可愛がっていただきましたこと、この場を借りて御礼申し上げます。息子もぜひまた参加したいと言っていますので、次回はもっと再現度を上げて参加させていただきたいと思っています。皆さんも来年はぜひ、ご参加ください。世界にも自慢できる、素晴らしい歴史再現のイベントです!

慟哭のキャタピラ…獅子神社参拝

今週、仕事の関係で静岡県を訪れる機会があり、富士宮にある若獅子神社にお参りに行ってまいりました。雲ひとつない秋晴れのなか、静かに参拝させていただきました。

 若獅子神社は、皆さんご存知の通り、戦前の陸軍少年戦車兵学校跡地に建立された神社です。大戦中に戦没された少年戦車兵と同校教職員の皆さんを祭神として合祀しています。

 若獅子神社の正面です。鳥居の向こう側に見える白塔は、神社建立前に有志によって、戦没者の御霊を慰め、悼むために建てられた「若獅子の塔」です。

 こちらは祭神のお名前が記された石碑です。冒頭に刻印された岡田資将軍は、短い間でしたが陸軍戦車学校の校長を務められました。終戦時は東海軍司令官として中部地方の防衛に尽力され、映画『明日への遺言』でも知られるように、その職責ゆえに戦後の戦犯裁判で刑死されました。

 神社の入口には、当時の門柱が両脇に残されています。この門柱を出た卒業生六百余名が戦争で亡くなっているそうです。現在の神社がある場所は、旧少年戦車兵学校の敷地約30万坪という広大な土地のなかのほんの一部です。正門は別の場所でしたので、門柱はおそらく移設したのでしょう。「陸軍少年戦車兵学校」の銅板は、戦後に再現されたものらしいです。

 若獅子神社に奉納されている陸軍の主力戦車九七式中戦車(チハ車)。激戦地であるサイパン島から帰還した戦車第九連隊所属の車両です。この車両は、元戦車兵でサイパン島の玉砕を生きのびて復員された下田四郎氏が、戦後に資財を投げうって尽力し、サイパン島から帰還させた2両のうちの1両です。もう1両は、東京九段の靖国神社に奉納され、遊就館で展示されています。

 下田氏の著書『サイパン戦車戦』(旧版のタイトルは『慟哭のキャタピラ』)には、当時の戦車第九連隊壊滅時の様子が克明に記されています。いまなお弾痕が生々しいこの戦車を目の前にすると、胸が締めつけられるような思いを感じます。

 国内に現存するチハ車は、下田氏が帰還させた2両と、近年に千葉県で発掘され、栃木の那須にある私設博物館に収蔵された残骸をあわせた3両のみだと思われます。

 若獅子神社のチハは、帰還後、二度にわたる補修と屋根の整備が浄財によってまかなわれていますが、長年の風雨によって、転輪部などは朽ちてボロボロになっています。しかし、私はこれで良いと思います。下田氏は著書のなかで“戦車兵にとって戦車は棺桶”ということを述べられています。実際にサイパンの浜辺に埋没処理されたチハを掘り出した際に、車内にあった白砂を持ち帰って、遺骨がわりに遺族の皆さんにお配りしたということです。このように朽ちて落ちた錆の破片もきれいに台座の上に安置されているのは、そのような経緯があってのことなのでしょう。

私財を投げ売ってサイパンから戦車を持ち帰った下田氏の活動を紹介した書です。関心のある方は『サイパン戦車戦』と合わせてお読みください。

若獅子神社に祭神として祀られている岡田資将軍の戦犯裁判を描いた映画です。Amazon プライムビデオでご覧いただけます。

The Beck Museum Report

今年の夏にオーストラリア・ケアンズに旅行で訪れた際に立ち寄った軍事博物館です。名前の通り、ベックさんというコレクターが自宅の庭(と言っても農家のようでとても広いですが…)につくった私設博物館です。場所はケアンズから西へ車で約1時間ほどの距離(というと、おそらく約80km)のマリーバという町の外れにあります。

公式Facebookはこちら。https://www.facebook.com/The-Beck-Museum-132862393451374/
場所はこちらのGoogle Mapで。https://goo.gl/maps/eSgj4jZAHjB2

 先日ご紹介の「Australian Armour & Artillery Museum」とは全く違い、こう言ってはなんですが、飛行機あり、戦車あり、大砲ありのなんでもアリのコレクションです。トップの写真をご覧いただければその雰囲気が伝わるかと思います。機体や車両は埃だらけ・錆だらけで、展示してある倉庫もオンボロ(ハリケーンが来たらどうなるんだろう…)。しかし、日本のどこぞにある私設博物館と違い、ほとんどの品がホンモノではありますので、それなりに楽しめるかと思います。と、いうわけで、今回もテキトーに撮影した写真でご紹介します。

 まずは飛行機から。こちらはご自宅?の前に展示しているDC-3(C-47)と思われる機体です。

 次に左がP2ネプチューン哨戒機、右がP-39エアコブラ戦闘機(だったと思います)。飛行機はこのほかに、ジェット機なんかもあったように記憶していますが、写真に写っていないのでスルーして、お次は地上兵器のご紹介。

 P2ネプチューン哨戒機の片翼の下に御鎮座されている105ミリ榴弾砲M2です。他の展示物に比べると、おそらくリペイントもされていて、状態は良さそう。

 ボフォース40ミリ高射機関砲ですね。せっかくなら仰角をとった展示にすればもっと映えるかと思います。

 車両の紹介にうつりましょう。
 M3スチュアート軽戦車。思いっきりオーストラリア軍のペイントですが、配色がよいですね。

 ところで、コレクションが展示(=放置?)されている倉庫の骨組みは木製です。ところどころに補修の跡が…。下に少し写っているのは、確かスズキ製の自衛隊バイクだったと思います。レアでしょうか?桜印の防衛庁プレートあり。

 錆々ですが、ユニバーサルキャリア(ブレンガンキャリア)。いわゆるレストアベースと表現すべきでしょうか…。

 トラックに阻まれてよく見えませんが、LVT(アムトラック)。砲塔がない初期型っぽいですね。

 逆光で何だか良く分かりませんが、すみません。たぶん、戦後第一世代の英連邦主力戦車であるセンチュリオンかと思います(何型かは知らぬ)。

 こちらは館内にある弾薬類のコレクション…って、またまた日本軍のものしか撮影していないのですが…。

 こちらは日本軍コーナー。寄せ書きの日の丸。日本で見ても何とも思いませんが、オーストラリアで見ると、あまりいい気分はしないですね(といいつつ写真を撮ってしまう)。

 オーストラリア・マリーバにある軍事博物館「The Beck Museum」をざっくりとご紹介しました。ごった煮状態で埃だらけ、いつコレクションが散逸してもおかしくなさそう…という、マニア心をくすぐるスポットかもしれません。

 ちなみに、この博物館の近くにはマリーバ空港という、第二次大戦中に軍用飛行場として使われた場所があり、どうもその空港にも軍用機の展示がいくつかあるようです。マリーバ近郊には、ケアンズからの日帰りツアーも組まれることがあるコーヒーファームや蟻塚の名所がありますので、近くをお通りの際は(あまり期待せずに)立ち寄られてはいかがでしょうか?