「強制収容所」の英語表現が変わりつつあるのだろうか?

アメリカ人にとって“Concentration camps”が国内に存在したことはショックだったでしょう。

 2018年に息子と一緒にカリフォルニアのジョン・ミューア・トレイル(JMT)にチャレンジしたとき、第二次世界大戦で日系アメリカ人が強制収容されたマンザナー(Manzanar)を訪問しました。

 JMTのトレッキングルートは、ヨセミテから米本土第一の高峰であるホイットニー山(Mt. Whitney)まで、おそよ211マイル(約340km)の距離があります。このロングトレイルを、およそ4週間かけて歩くわけですが、ゴールのホイットニー山からほど遠くない場所にマンザナーがあります。

 マンザナーへの訪問は当初から予定していたわけではありません。JMTはロングトレイルなので、いちおうの行程は立てていますが、息子は当時はまだ小学5年生でわずか10歳。彼の健康状態によっては途中でリタイアもあり得ます。事前に予定をしっかり組めるわけではありません。

 さいわいにも、大きな怪我も身体の不調もなくトレッキングを続けることができました。終盤にさしかかり、ホイットニー山から下山後に宿泊する町を地図で確認していたとき、マンザナーの存在に気付きました。マンザナーは、ホイットニー山の下山口から一番近い町であるローンパインから北へわずか約10キロの地点にあります。そこで、ホイットニー山を下山した後はローンパインに宿泊し、マンザナーを訪問することに決めたわけです。

 朝3時に麓を出発して午前中に標高4418mのホイットニー山を登頂。富士山も未経験だった息子にとっては高度障害の発症がリスクでしたが、元気に登頂することができました。そのまま下山口まで、その日はたしか10時間、およそ30km近い行程を歩いたと記憶しています。トレッキングの初日は6kmしか歩けなかったのが、食料が減って荷物が軽くなっていたとはいえ、最高峰に登頂後、さらに歩いて、初日の5倍近い距離を歩いたわけですから、人間の身体は不思議なものです。

 下山口でヒッチハイクをして、同乗させてもらった男性にオススメの宿を聞きました。ローンパインでいちばん有名だというモーテルに連れていってもらいました。

 1950年代にオープンしたDow Villa Motelです。西部劇のロケでジョン・ウェインなどの名だたるハリウッドの俳優たちが宿泊に利用したそうです。館内にはロケの写真や俳優たちゆかりの品が展示されています。西海岸の物価からすると田舎町ゆえ宿泊費はリーズナブルですが、雰囲気のよい宿です。

 幸いにも空き室があり、その日はひさしぶりに町内のレストランでちゃんとした食事と、ホテルのベッドでゆっくりと睡眠をとることができました。翌日にマンザナーを訪問しました。

 マンザナーは、1942年から米本土に建設された10ヶ所の日系アメリカ人収容所のうち、最初に建設された収容所です。西海岸に住む日系アメリカ人を中心に、収容者数はおよそ1万人に上りました。

 戦争が終結した1945年に閉鎖された後、30年近く放置されていましたが、1972年にカリフォルニア州が史跡と位置づけてから整備がおこなわれ、現在は国立史跡となっています。

 当時のマンザナー収容所は、814エーカー(約3.3平方キロメートル)、日本式に表現すると、“東京ドーム70個分”という広大な敷地で、現在もほぼ当時にちかい広さで史跡の保全がされていると思います。敷地内の一部には、ビジターセンターを兼ねた博物館と、当時の建物や歩哨塔、鉄条網などが再現されています。建物(バラック)は基礎部分にあわせて、忠実に再現しているようです。

 敷地内に再現された数棟のバラックでは、当時の収容生活が再現されており、内部を見学することができます。

 共同食堂を再現したバラックです。当時、収容者たちが正月についた餅の臼と杵が展示されていました。

 マンザナーは、カリフォルニア州とネバダ州の境に近い、乾燥地帯に位置します。もともと開拓地で、小さな集落がありましたが、1920年代後半に水利建設の余波で集落が放棄されてからは無人の地だったため、収容所の立地として好都合だったようです。気候はかなり厳しく、夏は酷暑、冬は冷涼で、強風による砂塵が吹き荒れるという環境です。当時の収容経験者は、一様に自然の厳しさが身に染みたようです。再現されたバラックの内装は粗末で、寒気を凌ぐには厳しかったことがうかがえます。

 ところで、訪問した当時は、“Concentration camp”(強制収容所)という呼び方だったと思います。これは史跡としての正式な名称ではなく、通称として参観者や現地の人たちはこのように呼んでいました。ところが、今回、記事を書くうえで調べたところ、日系アメリカ人の収容所については、“Internment camp”(抑留施設?)という呼び方になっているようです。これはどういうことなのでしょうか?

 ブリタニカの用語定義では、“Concentration camp”は“Internment camp”と同義としており、民族差別や政治意図で不法に無実の人々を強制的に収容する施設という解釈です。日本語の強制収容所の定義と同様といってよいと思います。一方で、Wikipedia(英語版)は、“Concentration camp”を“Internment”にリダイレクト処理しています。これは、“Concentration camp”にはナチス時代の強制収容所が含まれるが、処刑設備を整えた“Extermination camp”(絶滅収容所)とは厳密に区別すべきという議論を踏まえてのことのようです。ようは、従来の呼称である“Concentration camp”は広汎に過ぎて正確な史実を伝えるのに不適切だから、強制収容所をいう場合は“Internment”の用語をつかうべき、という主張のようです。

 ただ、世間の認識としては、ナチス時代の絶滅収容所も含めて、いまだに“Concentration camp”という表現が一般的だと思います。実際に、筆者が当時、現地で耳にした日系アメリカ人収容所に対する“Concentration camp”という表現は、ナチスの強制収容所と同等にならぶ罪悪であり悲劇である、というニュアンスでした。だからこそ、マンザナーを訪問していた参観者や現地の人たちは、一様に、自国本土に“Concentration camp”が存在した事実をショックなことと受けとめていたわけです。それが史実として正確か否かは別として、それが“Concentration camp”という言葉が持つ重さなわけです。

 筆者は英語が得意ではないので、正確な語彙の意味するところとその区別はわかりません。あくまでも憶測にすぎませんが、“Concentration camp”と“Internment camp”は、語義やニュアンスとして区別されつつあるように思います。それは、昨今、急速にクローズアップされている中国におけるウイグル人収容施設といった世情が参考になりそうです。

 というのも、欧米のメディアでは、中国政府が呼ぶ“Re-Education Camp”(再教育施設、かつての労働改造所と同じ)を主として“Internment camp“と表現しています。しかし、民族浄化を狙っているという主旨の記事では“Concentration camp”という表現をつかっている例があります。“Concentration camp”という表現は、単なる人権侵害を超えて、民族浄化を目的とした深刻な人道危機を含意するものという認識になりつつあるのかもしれません。

 史実は正確な伝承が求められますが、一方で多くの場合は、世間に流布される過程で、いろいろな部分が捨象されます。史実は常に玉虫色で、伝えにくいからです。いちど定着した名称から受けるイメージは、多かれ少なかれ、本来意図した含意や史実とは離れてしまうものです。強制収容所の用語をめぐる動きは、そのことをあらわしていると思います。

マンザナー収容所の様子を写真に残したアンセル・アダムス(Ansel Adams, 1902-1984)のモノクロ写真を、AIによる深層学習の技術をつかい、彩色で再現した写真集『強制収容所の日系アメリカ人』です。Amazonの電子書籍版(Kindle)でリリースされています。

ホーネットミュージアム(カリフォルニア)

2018年の夏に、下のチビとカリフォルニアへトレッキングへ行った際に、サンフランシスコ近郊にあるホーネットミュージアム(USS HORNET MUSEUM)を訪れました。

ホーネットミュージアムは、除籍された航空母艦をドッグに繋留したまま博物館として公開している施設です。ホーネットは、第二次世界大戦さなかの1943年末に就役したエセックス級航空母艦で、太平洋戦域では戦艦大和への攻撃にも加わった歴戦の艦です。戦後は改修によってジェット機を運用し、主に太平洋艦隊の主力艦として、朝鮮戦争やベトナム戦争に従事したあと、1970年に退役しました。退役の前年には、人類初の有人月面着陸を果たしたアポロ11号の回収にも従事しています。

サンフランシスコは半島状に突き出た突端にある街で、そこから海を隔てた反対側のアラメダという街にホーネットミュージアムがあります。サンフランシスコ市街から公共交通機関をつかって行く場合は、BART(ベイエリア高速鉄道)で最寄りの「12th St/Oakland City Center」駅で降車します。駅からはかなり離れていますし、港湾地区で人気も少ないので、駅からタクシーかUberで向かうのがよいでしょう。私たちは行き帰りともにUberをつかいました。Uberはスマホですぐに呼べるので便利です。

艦艇や航空機に詳しくないので、たいした解説ができません。写真で雰囲気を感じていただければと思います。

休止中の軍港に繋留されているため、一時除籍?された輸送艦なども繋留されています。
格納庫にはWW2時代のレシプロ機が展示されています。雷撃機。思ったよりも大きいですね。
こちらは戦闘機。翼が折りたたみ式です。
太平洋戦域での撃墜機数・撃破艇数を表示したスコアボード。左下には戦艦大和への艦載機による攻撃実績(魚雷4発・爆弾3発の命中)が記されています。このスコアボードを見てチビが怒っていました。
戦後の哨戒機や救難機も展示されています。
上部甲板にはジェット戦闘機が展示されています。
F-14トムキャット…だと思います。
戦後のジェット艦載機を離艦させる際につかうカタパルトの固定装置。
艦内ツアーに参加すると管制室などの見学もできます。
上部甲板から見た対岸のカリフォルニア市街です。
艦内には当時の作戦風景などが展示されています。
下士官ルーム。三段の吊りベッドです。
日用品の展示です。
作戦毎の様々な展示があります。
アポロ11号回収時に使用した隔離カプセルです。

ホーネットミュージアムを見学した後は、Uberでオークランドへ。チビ念願のメジャーリーグを観戦しました。サンフランシスコジャイアンツとオークランドアスレチックスのお隣同士対決。アスレチックスは、映画「マネーボール」の舞台になった伝説の球団です。当時は革新的だったデータ戦略を採用したマネージャーは、今もこの球団で副社長をされています。この日はなんと延長11回の試合で、アスレチックスが勝利しました。

ホーネットミュージアムの公式ホームページはこちら。
https://www.uss-hornet.org/

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#4

前回訪問時はオープン直前で利用できなかった射撃場と地下展示室をご紹介します。

 2015年に地下の射撃場と展示室がオープンしました。前回訪問時は、 地下の オープンが博物館を訪れた翌日で、惜しくも見学と射撃が出来なかったので、今回はリベンジです。

 地下の展示室は、小さなスペースですが、米英日独の軍装品と歩兵携行火器(小火器・重火器)が展示されています。見る限り火器類はすべて不活性処理されています。


※日の丸寄せ書きは1945年の進駐時のもので鹵獲品ではありません。

 射撃場は、区画された完全防音の一室で、インストラクターの指導の下に射撃する形です。射撃ができるのはボルトアクションライフルです(拳銃や自動銃はありません)。レンジは30メートルです。

 第二次世界大戦のライフルは、ドイツ軍のモーゼルとイギリス軍のエンフィールドで、8ミリと303をそれぞれ 10発ずつ射撃しました。肩への強い衝撃と火薬の匂いは軍用と同じパウダー量のラージボアならではです。

 右が練習で撃った22口径。左が303と8mmです。ラージボアは30メートルの距離で20発撃って真ん中にあたったのは1発だけ。残りは左上に逸れています。いわゆるがく引きだそうで…。構え方が下手なので、翌日には銃床があたった右上腕の内側に青痣ができてました。

 オーストラリア・ケアンズにある軍事博物館「Australian Armour & Artillery Museum」の再訪をご紹介しました。前回と違い、今回はゆっくりと館内を見学し、地下での射撃も体験することで充実した訪問になりました。

 前回のレポートでも書きましたが、この博物館は、ケアンズ観光では多くの人が訪れるスカイレールの隣に位置しています。個人での手配旅行であれば、スカイレール観光にあわせて訪問ができます。また、 アボリジニカルチャーパークも隣接しています。ご家族はそちらを見学している間に…というのも可能です(私は少し離れたワニ園を家族が見学している間に愉しみました)。

 コレクションが充実している博物館ですので、ケアンズを訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

Australian Armour & Artillery Museum 公式サイト

https://www.ausarmour.com/

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#3

#3では連合軍の火砲を中心にご紹介します。

 ボフォース40mm対空砲。対空機関砲としては傑作だったようで、各国でライセンス生産されたため、連合国・枢軸国双方が同じ砲で撃ち合ったようです。ストークブラン迫撃砲と同じですね。

 50口径機関銃(ブローニングM2)を4丁載せたクアッドマウント。クアッドマウントはいくつかバージョンがあるようですが、トレーラーの形状からするとこの展示品は戦後タイプでしょうか?

 榴弾砲。155ミリと105ミリ。

ともにイギリス軍の4.2インチ迫撃砲。上の写真は展開した状態で、下の写真は専用カートに車載された状態です。砲と二脚の形状はストークブラン式迫撃砲そのものです。81ミリを107ミリにボアアップした感じですね。81ミリだとまだ歩兵が砲身・二脚・床板に分けて担いで行軍できますが、107ミリのクラスになると担ぐことも困難なので車載になるのでしょう。

米軍の37mm対戦車砲M3。防盾の形状が見慣れたものとちょっと違うようです。

 砲口カバーと弾薬箱が付いていますが、照準器とレザーケースは取り外されています。数多くの火砲コレクションのなかで、この37ミリ砲だけはレストアの過程がパネル展示されて扱いが違います。

 イギリス軍の57mm(6ポンド)対戦車砲。日系442連隊対戦車中隊が欧州戦線でグライダー歩兵に分派されたときに装備しています。37mm砲と比較すると一回り大きくて砲身も長いですね。

 収蔵されたばかりのようで案内板がなかった85ミリ野砲D-44。T-34戦車の砲を流用したもののようです。大戦末期の1945年初頭に戦場へ導入され、戦後もながく共産圏で使われたようです。

 次は射撃場のある地下をご紹介します。地下には展示室があり、主に米英独日の小火器が展示されています。

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#2

前回訪問時と比べて収蔵品が増えているだけでなく、車両の内部やエンジンが見られるようになっていたり、同型車種が新旧で比較できるようするなど、見学者に優しい展示になっていました。

 トップの画像は連合軍(米英軍)の装甲車です。手前からハーフトラック、スカウトカー、スタッグハウンドの対空砲と偵察車。

グレイハウンド。37mm砲を搭載したM8ですね。

 水陸両用輸送車アムトラック。写真で見ると大きさを感じづらいですが、目の前に立つとすごく大きいです。HBOドラマ「The Pacific」で輸送艦から紺碧の海へと発進するシーンが印象的。WW2米軍の車両では、M3軽戦車、M5牽引車と並んで好きな車両のひとつ♪

 これ、珍しいんじゃないですかね。豪軍版ユニバーサルキャリアを改修して40mm対戦車砲を搭載したタイプ。 乗員にとっては戦車装甲車と対峙するのは御免でしょうが、歩兵にとっては砲で機関銃を破壊したりと心強かったでしょうね。 

 スチュアートM3軽戦車。右が初期型、左が改修型A1。新旧隣同士で比較ができるようになっています。

 初期型はたくさん30口径機関銃が付いています。前面に1丁、左右に2丁、砲の同軸に1丁、砲塔車外に1丁の計5丁。

 それに対して改修されたA1型は車台は同じで左右の機銃ポッドを埋めたり、物入れを増設しています。

 車体後部の違いもこのように比較できます。

 改修型A1はハッチを開けて車体内部が見られるようにしています。オイルが漏れているので自走できる車両のようです。

 こちらはグラントM3中戦車のコレクション。左2両が戦車、右はM3中戦車の車台をつかって兵員輸送車に改造されたカナダ軍のカングーです。

 以下はM3中戦車の車体内部の様子です。スマートフォンで撮影したので、画角が狭く見えづらいですが…クリックすると拡大写真が出るので資料として必要な方はぜひ。

 前回訪問時には収蔵されていなかったシャーマンM4中戦車もコレクションに加わっていました。

 次は火砲類をレポートします。