ホーネットミュージアム(カリフォルニア)

2018年の夏に、下のチビとカリフォルニアへトレッキングへ行った際に、サンフランシスコ近郊にあるホーネットミュージアム(USS HORNET MUSEUM)を訪れました。

ホーネットミュージアムは、除籍された航空母艦をドッグに繋留したまま博物館として公開している施設です。ホーネットは、第二次世界大戦さなかの1943年末に就役したエセックス級航空母艦で、太平洋戦域では戦艦大和への攻撃にも加わった歴戦の艦です。戦後は改修によってジェット機を運用し、主に太平洋艦隊の主力艦として、朝鮮戦争やベトナム戦争に従事したあと、1970年に退役しました。退役の前年には、人類初の有人月面着陸を果たしたアポロ11号の回収にも従事しています。

サンフランシスコは半島状に突き出た突端にある街で、そこから海を隔てた反対側のアラメダという街にホーネットミュージアムがあります。サンフランシスコ市街から公共交通機関をつかって行く場合は、BART(ベイエリア高速鉄道)で最寄りの「12th St/Oakland City Center」駅で降車します。駅からはかなり離れていますし、港湾地区で人気も少ないので、駅からタクシーかUberで向かうのがよいでしょう。私たちは行き帰りともにUberをつかいました。Uberはスマホですぐに呼べるので便利です。

艦艇や航空機に詳しくないので、たいした解説ができません。写真で雰囲気を感じていただければと思います。

休止中の軍港に繋留されているため、一時除籍?された輸送艦なども繋留されています。
格納庫にはWW2時代のレシプロ機が展示されています。雷撃機。思ったよりも大きいですね。
こちらは戦闘機。翼が折りたたみ式です。
太平洋戦域での撃墜機数・撃破艇数を表示したスコアボード。左下には戦艦大和への艦載機による攻撃実績(魚雷4発・爆弾3発の命中)が記されています。このスコアボードを見てチビが怒っていました。
戦後の哨戒機や救難機も展示されています。
上部甲板にはジェット戦闘機が展示されています。
F-14トムキャット…だと思います。
戦後のジェット艦載機を離艦させる際につかうカタパルトの固定装置。
艦内ツアーに参加すると管制室などの見学もできます。
上部甲板から見た対岸のカリフォルニア市街です。
艦内には当時の作戦風景などが展示されています。
下士官ルーム。三段の吊りベッドです。
日用品の展示です。
作戦毎の様々な展示があります。
アポロ11号回収時に使用した隔離カプセルです。

ホーネットミュージアムを見学した後は、Uberでオークランドへ。チビ念願のメジャーリーグを観戦しました。サンフランシスコジャイアンツとオークランドアスレチックスのお隣同士対決。アスレチックスは、映画「マネーボール」の舞台になった伝説の球団です。当時は革新的だったデータ戦略を採用したマネージャーは、今もこの球団で副社長をされています。この日はなんと延長11回の試合で、アスレチックスが勝利しました。

ホーネットミュージアムの公式ホームページはこちら。
https://www.uss-hornet.org/

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#4

前回訪問時はオープン直前で利用できなかった射撃場と地下展示室をご紹介します。

 2015年に地下の射撃場と展示室がオープンしました。前回訪問時は、 地下の オープンが博物館を訪れた翌日で、惜しくも見学と射撃が出来なかったので、今回はリベンジです。

 地下の展示室は、小さなスペースですが、米英日独の軍装品と歩兵携行火器(小火器・重火器)が展示されています。見る限り火器類はすべて不活性処理されています。


※日の丸寄せ書きは1945年の進駐時のもので鹵獲品ではありません。

 射撃場は、区画された完全防音の一室で、インストラクターの指導の下に射撃する形です。射撃ができるのはボルトアクションライフルです(拳銃や自動銃はありません)。レンジは30メートルです。

 第二次世界大戦のライフルは、ドイツ軍のモーゼルとイギリス軍のエンフィールドで、8ミリと303をそれぞれ 10発ずつ射撃しました。肩への強い衝撃と火薬の匂いは軍用と同じパウダー量のラージボアならではです。

 右が練習で撃った22口径。左が303と8mmです。ラージボアは30メートルの距離で20発撃って真ん中にあたったのは1発だけ。残りは左上に逸れています。いわゆるがく引きだそうで…。構え方が下手なので、翌日には銃床があたった右上腕の内側に青痣ができてました。

 オーストラリア・ケアンズにある軍事博物館「Australian Armour & Artillery Museum」の再訪をご紹介しました。前回と違い、今回はゆっくりと館内を見学し、地下での射撃も体験することで充実した訪問になりました。

 前回のレポートでも書きましたが、この博物館は、ケアンズ観光では多くの人が訪れるスカイレールの隣に位置しています。個人での手配旅行であれば、スカイレール観光にあわせて訪問ができます。また、 アボリジニカルチャーパークも隣接しています。ご家族はそちらを見学している間に…というのも可能です(私は少し離れたワニ園を家族が見学している間に愉しみました)。

 コレクションが充実している博物館ですので、ケアンズを訪れた際にはぜひお立ち寄りください。

Australian Armour & Artillery Museum 公式サイト

https://www.ausarmour.com/

Australian Armour & Artillery Museumを再訪しました。#3

#3では連合軍の火砲を中心にご紹介します。

 ボフォース40mm対空砲。対空機関砲としては傑作だったようで、各国でライセンス生産されたため、連合国・枢軸国双方が同じ砲で撃ち合ったようです。ストークブラン迫撃砲と同じですね。

 50口径機関銃(ブローニングM2)を4丁載せたクアッドマウント。クアッドマウントはいくつかバージョンがあるようですが、トレーラーの形状からするとこの展示品は戦後タイプでしょうか?

 榴弾砲。155ミリと105ミリ。

ともにイギリス軍の4.2インチ迫撃砲。上の写真は展開した状態で、下の写真は専用カートに車載された状態です。砲と二脚の形状はストークブラン式迫撃砲そのものです。81ミリを107ミリにボアアップした感じですね。81ミリだとまだ歩兵が砲身・二脚・床板に分けて担いで行軍できますが、107ミリのクラスになると担ぐことも困難なので車載になるのでしょう。

米軍の37mm対戦車砲M3。防盾の形状が見慣れたものとちょっと違うようです。

 砲口カバーと弾薬箱が付いていますが、照準器とレザーケースは取り外されています。数多くの火砲コレクションのなかで、この37ミリ砲だけはレストアの過程がパネル展示されて扱いが違います。

 イギリス軍の57mm(6ポンド)対戦車砲。日系442連隊対戦車中隊が欧州戦線でグライダー歩兵に分派されたときに装備しています。37mm砲と比較すると一回り大きくて砲身も長いですね。

 収蔵されたばかりのようで案内板がなかった85ミリ野砲D-44。T-34戦車の砲を流用したもののようです。大戦末期の1945年初頭に戦場へ導入され、戦後もながく共産圏で使われたようです。

 次は射撃場のある地下をご紹介します。地下には展示室があり、主に米英独日の小火器が展示されています。