もうずいぶん昔のことですが…台湾国軍歴史文物館 レポ#3

台湾の国軍歴史文物館レポートその3です(年賀状のことは忘れたいです…)。今回は刀剣類と重火器をご紹介したいと思います。

  刀剣類から。トップの写真の青竜刀は、盧溝橋事件に関わった第29軍第37師の吉星文の所持品だそうです。上は蒋介石からの任免状。民国23年=1934年ですから、熱河事件後の頃ですね。日本刀に比べると、とても頑丈そうです。

 軍官学校(士官学校)の卒業生に与えられた短剣です。儀礼刀に該当するのでしょうか。一番手前が中央陸軍軍官特別訓練班の短剣、中央が黄埔軍官学校卒業生に蒋介石(初代校長)から授与された短剣、一番奥がちょっと読みづらいですが、おそらく空軍将校の短剣です。 

  「降刀」と説明にあるように、輝かしい国軍の歴史の証として、この博物館として一番の逸品でしょうね。終戦時に支那派遣軍司令官だった岡村大将が佩用していた刀だそうです。軍刀ではなく、指揮刀ですね。それにしても鞘の装飾がすごいですね…。

 お次は重火器です。この写真にあるように展示室の中央にジオラマ風な展示がされていました。手前の「2」のプレートが付いているのは“スーパーバズーカ”の愛称があるM20ロケットランチャー。その奥は口径57mmの無反動砲M18でしょうかね。トライポッド(三脚架)は30口径水冷式機関銃M1917と同じものですね。

 M20バズーカだけを何枚も撮影していましたが、その理由は、ちょうどこの頃、自分のコレクションとして手元にあったからです。本体はアルミ製で非常に軽量で、二分割できるので持ち運びもラク。初めて手にしたときに、ずいぶんと優れた兵器だと感心した記憶があります。ただ、89mmと大口径なので、ロケット弾の取り扱いは大変でしょうね。

迫撃砲です。手前の3門は60mm迫撃砲M2ですね。3門あるのは、台湾も米軍と同じく迫撃砲チームが3門体制だからでしょうか?その後ろは、81mm迫撃砲M1。その奥は、おそらく120mm迫撃砲かと思われます。

 60mm迫撃砲M2を間近に見てみますと、台湾で製造したものなのでしょう、バイポッド(砲架)のハンドル形状が米軍M5と少し違うことがわかります。個人宅で気兼ねなくさわって遊べる重火器としては、この60mm迫撃砲が限界でしょうね。81mmになると、重くて大きくて大変です(でも欲しいのが人情…)。

 日本の九二式重機関銃です。接収後に国共内戦でも活躍したのでしょう。展示品は、銃身・銃架ともに状態がとても良いですね。

 なぜかこちらだけガラスケースに入っていました。火焔放射器のハンドル。米軍のM2ですね。第二次大戦当時に使用されたものだそうです。

もうずいぶん昔のことですが…台湾国軍歴史文物館 レポ#2

台湾の国軍歴史文物館レポートその②です(ちなみにまだ年賀状は着手しておりません…)。

拳銃関係は寄贈品の展示があります。トップの金ピカのワルサーPPKは、かの胡宗南将軍家からの寄贈品だそうです。銃身全面に施された彫刻が素晴らしいですね。

我らが大日本帝国の南部式小型拳銃。戦利品ではなく、張発奎将軍のご遺族からの寄贈品とのこと。

ここからは同じ拳銃でも怪しい方面です。まずは、FP-45(リベレーター)。説明板を撮影していないので、どういった経緯なのかよく分かりませんが、国民政府軍が重慶に追いやられて危ういときに、ゲリラに配られたものなのでしょうか?国軍が装備する武器とも思えません…。

こちらもちょっとヤバメな拳銃です。イギリスが第二次大戦期に特殊作戦用に開発した消音銃です。“Welrod Mk.II”というのが制式名称なようです。弾薬は32ACP弾、説明板には“単発”とありますが、グリップ内に8発用の弾倉が入るようになっているようです。

そして極めつけがこちら。写真がブレブレで、より一層怪しさが増していますが、隠し武器です。上はペン型の信号銃、下は米軍OSSがつかった“キングコブラ”。5本入り葉巻ケースを模したものだそうです。#3に続きます。

もうずいぶん昔のことですが…台湾国軍歴史文物館レポ #1

年賀状つくるのすっかり忘れていたなぁ。さて、使えそうな家族写真はあるかいな…と写真を整理しておりましたら、ずいぶん前に台湾で国軍歴史文物館を訪れたときに撮影した画像が出てきました。当時はあまり気に留めていませんでしたが、ちょっと珍しい小火器も写っているので、せっかくですから(年賀状は後回しにしまして)ご紹介したいと思います。

 訪れたのはもう10年近く前になります。当時は一番上の子が生まれて、たしか1歳になる前にベビーカーを押しながら台北市内をウロウロしたのですが、さすがにここには私一人で行ったように記憶しています。グーグルストリートビューで見ると建物外観は当時と同じようですね。

 いきなり銃火器の写真ですが…“チェコ機銃”ことZB26。英軍のブレン、日本軍の96式に影響を与えた傑作品ですね。

 こちらは立派な収納ケースに入っています。写真がだいぶブレていますが、たしか館内はフラッシュ禁止だったので…。で、今思うと、むしろその上に写っている、おかしな形の短機関銃の方が気になります。“中共50式”となっていますが、なんだかドイツのMP40とソ連のPPSh-41を足して2で割ったような…。台湾の方によれば、北ベトナム製“K-50M”が正しいそうです。

 中国で現地生産されたモーゼル自動拳銃。木製銃床と革製のストックホルダーがセットになっています。7.63ミリ弾の威力と肩打ちで正確な射撃ができますので、運用思想としては自動式カービン銃を先んじたものと見て良いかと思います。いかにも匪賊が好みそうな銃ですが、大陸で憲兵内偵をされていた方の回想で、危ないときは取り出しやすい小型拳銃を2-3発撃って怯ませた隙に、モーゼル銃で反撃して危急を脱する、という話もありました。

 こちらは本当のカービン銃。ドイツのGew88(もしくは騎兵銃のKew88)の中国バージョンと言いましょうか、本家とはちょっと違った形のようですが、“徳造=ドイツ製造”とありますので、ライセンス生産ではなく、輸入品のようです。

 3種類とも米国製の自動小銃です。一番上はM14、その下の真ん中はちょっと珍しいジョンソンM1941自動小銃。一番下はM1カービンの空挺部隊向け折りたたみ銃床がついたモデルですね。#2に続きます。